ブロックリファレンス

BLOCKS Reference

機械学習

物体検出結果簡易確認

概要

このブロックは、画像(JPEG 形式)の物体検出の結果を、簡易的に画像で確認するためのブロックです。このブロックを利用すると、下図のように検出した対象をマークアップ(矩形の枠とラベルを描画)した画像が出力されます(画像をクリックすると拡大表示されます)。

物体検出結果簡易確認の出力結果

入出力の画像共に、Google Cloud Storage(GCS)を利用します。

物体検出結果簡易確認ブロックの動作イメージ図

このブロックで利用可能な物体検出の学習済みモデルは、以下のとおりです。

  • 物体検出[手動]でトレーニングしたモデル
  • 物体検出[自動]で作成したモデル

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名 ブロックの名前を指定します。ブロックに表示されます。
GCP サービスアカウント

利用する物体検出の学習済みモデルにアクセスできる GCP サービスアカウントを選択します。

モデル

選択した GCP サービスアカウントで利用可能な物体検出の学習済みモデルがリストアップされるので、その中から利用するモデルを選択します。

入力元 GCS URL

物体検出させたい JPEG 形式の画像ファイルへの GCS URL(gs://my-bucket/foo/bar.jpeg のような形式、ただし gs:// は不要)を指定します。指定できる画像は、1 枚のみです。

変数展開の指定が可能][% 形式の文字列書式の指定が可能]
出力先 GCS URL

出力画像ファイルへの GCS URL(gs://my-bucket/foo/bar-result.jpeg のような形式、ただし gs:// は不要)を指定します。

変数展開の指定が可能][% 形式の文字列書式の指定が可能]
ブロックメモ ブロックに対するコメントを指定します。
描画する score のしきい値

出力画像のマークアップ対象を指定されたスコア値以上のオブジェクトのみとします。

この情報は役に立ちましたか?