エンジニアブログ

Engineer's Blog

絞り込んで表示する

2016.11.08 - 

GCP 東京リージョン(asia-northeast1) の性能を測定しました [GCE・GCS・CloudSQL編]

こんにちは!サーバエンジニア・データベースエンジニアの熊野です。

先日GoogleCloudPlatform(以下GCPと記載します)で東京リージョンであるasia-northeast1が公開されました。待ちに待った国内リージョンということもあり、性能を測定してみた話をこの記事で書いていきます。

概要

今回測定する項目・環境の概要を以下に記します。

性能評価項目

今回、性能評価対象としたのは以下のGCP Resouceとなります。

  • GoogleComputeEngine (GCE)
  • GoogleCloudStorage (GCS)
  • GoogleCloudSQL (CloudSQL)

性能評価環境(構成図)

今回測定の為に構築した環境は下図のとおりです。
対象としているasia-northeast1の他、asia-east1とus-central1の2リージョンを比較対象として測定しています。
GCEとGCSに関しては弊社オフィス(福岡)から測定を行っています。

CloudSQLに関しては、検証時にはasia-northeast1に構築ができなかったことから、それぞれのリージョンからasia-east1のCloudSQLに対してレスポンスを測定しています。
なお、追加検証として、asia-northeast1にもCloudSQLを構築しasia-northeast1とasia-east1環境にて性能を比較しております。

 

img_performance

 

測定方法および結果

GCE、GCS、Cloud SQLに対する測定方法および結果を以下に記します。

1:GCEの比較

測定方法

それぞれのリージョンにGCE VMを構築し、nginxをinstallしました。
構築したGCE VMに対してそれぞれ弊社オフィスからabコマンドを実行しました。
リージョン毎のhttp requestの数値を10回測定し、一番上と下の値を省いた8回分の平均値を比較しました。

結果

nginx上のコンテンツやMachineTypeで応答時間は異なる為、今回はasia-northeast1で構築したGCE上の1リクエストあたりの応答時間を1として、他リージョンとの応答時間を比較しました。
(グラフの棒が短いほど性能として優秀となります。)
期待通り、asia-northeast1が一番優秀であり、asia-northeast1と比較してasia-east1の応答時間が1.84倍、us-central1の応答時間が4.73倍となる結果となりました。

gce_performance

2:GCSの比較

測定方法

それぞれのリージョンににbucketを作成し、1kbのファイルを1000個、upload/downloadしました。

リージョン毎のupload/download時間を10回測定し、一番上と下の値を省いた8回分の平均値を比較しました。
なお、download/uploadはgsutil cpコマンドを用いて行い、並列処理を指定する -mパラメータは使用していません

結果

GCEと同様にasia-northeast1の処理時間を1としてリージョン毎の値を比較しました。

僅差ではあるが、asia-northeast1の方がasia-east1よりもupload/downloadともに処理時間が早く完了している結果となりました。GCEと同様に距離が近くなったことによるパフォーマンスが向上が伺えます。

gcs_download_performance

image-5

3:Cloud SQLの比較

測定方法

検証当時asia-northeast1にCloud SQLは構築できない為、asia-east1にCloud SQL Instanceを構築しました。

※11/8 11:00AM 現在、asia-notrtheast1にもCloudSQLは構築可能です。
 検証結果は後日まとめさせていただきます! -> asia-northeast1の検証結果を追記いたしました。

これまでとは異なり、各リージョンのGCE VMからCloudSQLに測定を実施しています。
show databases; コマンドを1000回実行、かかった時間を10回測定し一番上と下の値を省いた8回分の平均値を比較しました。

結果

これまで良いとこだらけだったasia-northeast1でしたが、asia-east1と比較し70倍近く性能が低い結果となりました。
グラフも今回はasia-east1を基準に作成しています。

理由は当然なのですが、リージョン間をまたいでのアクセスとなった為、同一リージョンであるasia-east1からのアクセスと比較して時間がかかったことが考えられます。

cloud_sql_performance

2016/11/10 追記

asia-northeast1のCloudSQLが構築できることから、asia-east1とasia-northeast1とのCloudSQLの性能比較を実施しました。

asia-northeast1-cloudsql

比較した結果がこちらとなります。

image-11

asia-east1と比較して若干性能が向上したように見受けられます。
よって、これまで懸念材料であったasia-northest1のCloudSQLのに関して問題なく導入が可能であると考えております。

まとめ

期待していた通り国内からasia-northeast1 へのリクエストは既存リージョンより高いパフォーマンスが実現出来ることが今回の検証で分かりました。

ただし、GCPにおける全てのresourceがasia-northeast1で実現できない為、今回測定したようにasia-northeast1リージョンから別リージョンへのアクセスではパフォーマンスが劣化してしまい問題が発生する可能性があります。

最後に

グルーヴノーツではインフラエンジニアを募集中です!
一緒にGCPやDockerなど流行の技術を利用して自社サービスの設計から運用まで携わってみませんか。

インフラエンジニア以外の応募もお待ちしていますので、詳細は弊社採用情報のページを参照ください。