基本操作ガイド

Basic Guide

BLOCKS とは何か

データバケットとは何か

データバケット(旧 IoT ボード)は、IoT デバイス(「デバイス」)から送られてくるデータを受け取り、ストレージに保存するクラウド型のシステムを提供するサービスです。

IoT ボード概略図

このシステムは、お客さまの Google Cloud Platform(GCP)プロジェクト上に、BLOCKS が自動で構築します。システムの構築に、GCP に関する専門的な知識は不要です。

データバケットのシステムは、お客さまの GCP プロジェクト上に構築するため、BLOCKS の料金とは別に「 GCP サービスの利用料金」が発生します。

データバケットでは、データの種類(「タイプ」)に応じた 2 タイプのサービスが用意されています。

タイプ 説明
メッセージ受信タイプ
  • デバイスから加速度・温度・湿度などの比較的小さなデータ(「メッセージ」)を受け取り、BigQuery のテーブルにデータを保存します。
メッセージ受信タイプ概略図
ファイル受信タイプ
  • デバイスから画像ファイルや音声ファイルなどのファイル形式のデータを受け取り、Google Cloud Storage にファイルを保存します。
  • ログ(ファイル名や保存日時など)を保存できます(オプション)。
  • ファイルの保存を契機に「フローデザイナー」のフローを実行します(オプション)。
ファイル受信タイプ概略図

またこの他に、データの収集・保存とは異なりますが、「フローデザイナー」のフローと Dialogflow を連携させる「Dialogflow 連携タイプ」というものもあります。

具体的な使い方については、以下のドキュメントを参照願います。