基本操作ガイド

Basic Guide

ML Data Editor (beta)

ML Data Editor (beta)

ML Data Editor は、機械学習で使用するトレーニングデータや予測データを視覚的に加工できるツールです。

ML Data Editor メイン画面

ML Data Editor では、CSV ファイルもしくは BigQuery のテーブルデータを取り込んで(インポート)、機械学習向けのデータを加工していきます。

ML Data Editor インポート画面

ファイルは、Google Cloud Storage(GCS)上にアップロードされている必要があり、文字コードは BOM なしの UTF-8 でなければなりません。

データの加工では、以下のようなことができます。

  • データの編集
    • 欠損値の自動検出
    • 列の編集(名前変更・型変更・列削除・欠損値削除や補完・値の変更・削除)
    • 列データのグラフ表示
  • 複数データの結合
  • 複数データへ分割
  • データを GCS 上のファイルや BigQuery のテーブルへ書き出し(エクスポート)
ML Data Editor 編集画面