基本操作ガイド

Basic Guide

スキーマ設定プロパティの使い方

スキーマ設定プロパティの使い方

BigQuery カテゴリーブロックのスキーマ設定プロパティの使い方を解説します。

スキーマ設定では、スキーマを対話的に入力する「対話的入力方法」と JSON 形式文字列 で直接指定する「JSON 形式文字列による入力方法」方法があります。

対話的入力方法

対話的入力方法では、スキーマをフィールドごとに入力します。

スキーマ設定画面

左から、フィールド名(1)、タイプ(2)、モード(3)、フィールド削除ボタン(ー)です。

項目 説明
フィールド名 フィールドの名前を入力します。
タイプ フィールドのデータ・タイプを指定します。以下のいずれかが選択できます。
  • STRING
  • INTEGER
  • FLOAT
  • BOOLEAN
  • TIMESTAMP
  • RECORD
モード フィールドのモードを指定します。以下のいずれかが選択できます。
  • NULLABLE
  • REQUIRED
  • REPEATED
フィールド削除ボタン フィールドを削除するボタンです。このボタンをクリックするとフィールドを削除します。

フィールドはネストできます。フィールドをネストさせるには、タイプを「RECORD」とします。ネストしたフィールドは、ドットで(.)で参照するため、フィールド名にドット(.)が自動的に付加されます(このドットは消せません)。

JSON 形式文字列による入力方法

JSON 形式文字列による入力方法では、スキーマを JSON 形式の文字列で入力します。

標準は、対話的入力方法になっています。[JSONで編集] リンクをクリックすると、テキスト入力領域が表示されます。このテキスト入力領域に、JSON 形式文字列を入力します。

すでに、「対話的入力方法」でスキーマが定義されている場合は、そのスキーマ定義を JSON 形式に変換した文字列がテキスト入力領域に表示されます。