基本操作ガイド

Basic Guide

画面の見方

Big Data ボード

以下は、Big Data ボードの画面です。

Big Data ボードの画面構成

Big Data ボードは、「ヘッダー」・「ブロックリストパネル」・「編集パネル」・「プロパティパネル」・「ログパネル」の 5 つの領域で構成されています。

ヘッダー

ヘッダーには、以下の項目が並んでいます。

項目 説明
Big Data ボードの名称 Big Data ボードのボード名が表示されます。
インポートボタン エクスポートされたフローをインポートする(取り込む)ことができます。
フローリストボタン ボード内のフローが一覧できます。その他に、開始時間の有効・無効の切り替え、フローのエクスポート、フローごとに ID の設定ができます。
ボード設定ボタン

ボード設定では、以下のことができます。

  • ボード名の変更
  • GCP サービスアカウントの確認とデフォルトの変更
  • Salesforce アカウント情報の追加・編集・削除
  • 通知の追加・編集・削除
  • API トークンの追加・編集・削除
保存ボタン 作成・編集したフローを保存します。

ブロックリストパネル

ブロックリストパネルでは、フローで使用するブロックが選択できます。ブロックは、ブロックの種類(カテゴリー)ごとに区分けされています。

部位 説明
カテゴリーリスト

ブロックは種類ごとに区分けして整理されています。BigQuery 関連のブロックは BigQuery カテゴリーに、Salesforce 関連のブロックは Salesforce カテゴリーにといったように整理されています。

各カテゴリーをクリックするとブロックリストの部分が切り替わります。

ブロックリスト

各カテゴリーごとにブロックが並んでいます。

ブロックは、ドラッグ&ドロップで編集パネルに配置して使用します。

編集パネル

編集パネルでは、ブロックを配置してフローの作成・編集ができます。

プロパティパネル

プロパティパネルでは、ブロックの動作がカスタマイズできます。

ブロックごとにカスタマイズできる内容は異なります。詳しくは、「ブロックリファレンス」を参照してください。

ログパネル

ログパネルでは、フローの実行記録が確認できます。

ログパネルは、「ログバー」・「ログリスト」・「ログ詳細」の 3 つの領域で構成されています。Big Data ボードを開いた直後は、ログバーのみが表示されています。ログバーをクリックすると、ログリストおよびログ詳細が表示されます。

項目 説明
ログバー 表示するログの絞り込み・ログの削除・ログリストおよびログ詳細を隠す操作ができます。
ログリスト

フローの実行状態(ステータス)・フローの開始時間・フローの終了時間・フローの実行時間が一覧表示されます。1 行がひとつのフロー実行に対応します。

フローリストの行をクリックすると、対応するフローの実行記録がログ詳細に表示されます。

ログ詳細

フローの実行記録が表示されます。

フローリストの行をクリックすると、対応するフローの実行記録がここに表示されます。