基本操作ガイド

Basic Guide

BLOCKS のはじめ方

プロジェクトの作成とライセンスの購入

自動文字起こし以外のサービスの利用にあたっては、「プロジェクトの作成」と「ライセンスの購入」が必要です。

プロジェクトの作成

プロジェクトは、複数の利用サービスをまとめる単位です。少なくとも 1 つのプロジェクトが必要です。

最初のプロジェクトの作成は、以下の手順で行います。

  1. メニューの表示
    グローバルナビゲーションのメニューアイコン

    グローバルナビゲーションのメニューアイコン()をクリックすると、サービスとサポートツールのメニューが表示されます。

  2. サービスの選択
    メニュー

    サービスとサポートツールのメニューから使用するサービス(自動文字起こしを除く)をクリックします。まだ、使用するサービスがはっきりしていない場合は、[フローデザイナー]をクリックします。

  3. サービスの利用開始
    フローデザイナーとは?の画面

    サービスの画面(上図はフローデザイナーの例)から[利用開始]ボタンをクリックします。

  4. プロジェクト名の設定
    プロジェクト名設定画面

    プロジェクト名を指定して[次へ]ボタンをクリックします。

  5. 料金プランの選択
    料金プラン選択

    料金プランをフルサービスプランとセルフサービスプランから選択して[次へ]ボタンをクリックします。

    フルサービスプラン
    おすすめのプランです。BLOCKS は、セキュアで多機能な Google Cloud Platform (GCP) のサービスを誰にでも簡単に扱えるようにするサービスです。通常、GCP を利用するにあたっては、BLOCKS とは別にお客さまによる GCP の契約や運用が必要です。このプランでは、その必要がありません。

    セルフサービスプラン
    お客さまで GCP を管理される場合は、こちらのプランを選択してください。こちらのプランを選択した場合は、次の設定で GCP サービスアカウントキーのアップロードが必要です。BLOCKS で利用する GCP サービスアカウントキーファイル(JSON 形式)をご準備願います。

    料金プランについて、詳しくは「料金プラン」のページをご覧ください。

  6. GCP サービスアカウントキーのアップロード
    GCP サービスアカウントキーのアップロード画面

    料金プランでセルフサービスプランを選択した場合は、ここで GCP サービスアカウントキーファイルをアップロードします。

    プロジェクトで使うバケットを作成する]にチェックを付けると、プロジェクト作成時に以下 3 種類のバケットを GCS に作成します(デフォルトのストレージクラス:Regional/Regional のロケーション:us-central1)。

    • <GCP プロジェクト ID>-us-central1-data
    • <GCP プロジェクト ID>-us-central1-iot
    • <GCP プロジェクト ID>-us-central1-ml

    料金プランでフルサービスプランを選択した場合は、このステップはありません。

  7. 完了

    確認画面で[設定完了]ボタンをクリックするとプロジェクトが作成されます。

2 つ以上のプロジェクトを作成する場合は、「プロジェクトの作成」を参考にしてください。

ライセンスの購入

サービスを利用するにあたっては、利用するサービスの種類と数に応じたライセンスを事前に購入する必要があります。

ライセンスの購入は、組織の管理者が組織設定のライセンス項目から行えます。詳しくは、「ライセンス使用状況の確認とライセンスの追加・削除」を参考にしてください。