基本操作ガイド

Basic Guide

BLOCKS のはじめ方

2 段階認証

2 段階認証は、「通常のパスワード」と「ワンタイムパスワード」でアカウントを保護します。ワンタイムパスワードは、ご自身のスマートデバイスの 2 段階認証アプリから取得します。

2 段階認証を有効にすると、「通常のパスワード」が盗まれてもアカウントの不正使用が防止できます。

2 段階認証を有効にする

2 段階認証を有効にする方法は、以下のとおりです。

  1. ユーザー設定の 2 段階認証ページにアクセスします。

    1. BLOCKS 画面右上のユーザーアイコンをクリックします。

      ヘッダー付きユーザーメニュー
    2. 「ユーザー設定」ボタンをクリックします。

    3. 表示されるユーザー設定画面の左側のリストから「2段階認証」をクリックします。

  2. 「2段階認証を有効にする」ボタンをクリックします。

  3. 表示される「2段階認証の設定方法」の説明どおりに操作します。

2 段階認証でのログイン方法

2 段階認証を有効にしたログイン手順は、以下のとおりです。

  1. ログインページ で通常どおりログインします。

  2. ワンタイムパスワードの入力が求められます。

    ワンタイムパスワードは、ご自身のスマートデバイスの 2 段階認証アプリから取得します。

  3. ワンタイムパスワードを入力し、「ログイン」ボタンをクリックします。

    もし、何らかの理由でスマートデバイスの 2 段階認証アプリが使用できなくなった場合は、以下のように操作します。

    1. 「認証用デバイスにアクセスできない方はこちら」をクリックします。

    2. リカバリーコードの入力が求められます。

    3. 保管していたリカバリーコードを入力し、「ログイン」ボタンをクリックします。

      一度使用したリカバリーコードは使用できません。10 個のリカバリーコードを使い切った場合は、ユーザー設定の 2 段階認証ページで新しいリカバリーコードを再生成してください。

リカバリーコードを確認する

2 段階認証を有効にした後で、リカバリーコードを確認したい場合は、以下のように操作します。

  1. ユーザー設定の 2 段階認証ページにアクセスします。

  2. 「リカバリーコードを表示する」ボタンをクリックします。

  3. リカバリーコードが表示されます。

    • 「ダウンロード」ボタンをクリックすると、リカバリーコードをテキストファイルに保存できます。
    • 「コピー」ボタンをクリックすると、リカバリーコードがクリップボードにコピーされます。

    info 使用済みのリカバリーコードは、表示されません。

新しいリカバリーコードを生成する

10 個のリカバリーコードを使い切った場合は、新しいリカバリーコードを生成する必要があります。

新しいリカバリーコードを生成する方法は、以下のとおりです。

  1. ユーザー設定の 2 段階認証ページにアクセスします。

  2. 「リカバリーコードを表示する」ボタンをクリックします。

  3. リカバリーコードが表示されます。

    「新しいリカバリーコードを生成」ボタンをクリックすると、新しいリカバリーコードが生成されます。

    新しくリカバリーコードを生成すると、それまで有効だったリカバリーコードは無効化されます。

2 段階認証を無効にする

2 段階認証を無効にする方法は、以下のとおりです。

  1. ユーザー設定の 2 段階認証ページにアクセスします。

  2. 「2段階認証を無効にする」ボタンをクリックします。

  3. 本当に 2 段階認証を無効にするか尋ねてきます。「OK」ボタンをクリックします。