基本操作ガイド

Basic Guide

制限事項

ログ出力の容量制限

ログの出力には、容量制限があります。

項目 制限値
ログの容量 1 GB / 1 ボード

フローの開始 」ブロックの「失敗ログの保存期間」プロパティおよび「成功ログの保存期間」プロパティを調整して、制限値を超えないように運用してください。

ログの容量が制限値を超えると以下のことが制限されます。

  • フローの実行
  • 「ボード設定」のすべての操作
  • フロー ID の変更
  • ボードの保存
    ボードの編集作業はできますが保存ができません。

ログの容量が制限値に近づくとメールでお知らせします。閾値は、制限値の 70% です。一度、ログの容量が閾値を超えてから下回った場合もメールでお知らせします。
制限がかかった場合や制限が解除された場合もメールでお知らせします。

ログの容量が制限値に近づいたり、超えたりした場合は、すみやかにログを削除してください。

実行制限されたフローをログを削除せずに実行させたい場合は、インポート・エクスポート機能を使って、別のボードへ取り込んで実行してください。ログはエクスポートされないため、ログの空き容量に余裕のあるボードへインポートすれば実行できます。