データバケット(Dialogflow 連携タイプ)ヘルプ

Data Bucket Help: Dialogflow Connector Type

GCP サービスアカウント設定

このステップ(画面)は、セルフサービスプランのみの機能です。フルサービスプランでは、このステップ(画面)は、ありません。

この画面では、Google Cloud Platform(GCP)のサービスアカウントの選択と、データバケットの作成に必要な Google の各種 API を有効にします。

GCP サービスアカウント選択

データバケット(Dialogflow 連携タイプ)は、お客さまの GCP プロジェクトに、BLOCKS が環境を自動で構築し運用します。BLOCKS から GCP プロジェクトを操作するためには、そのプロジェクトに対して編集権限を持つ GCP サービスアカウントが必要です。

ここでは、GCP プロジェクトに対して編集権限を持つ GCP サービスアカウントを選択してください。

GCP サービスアカウントの作成については、基本操作ガイドの「Google Cloud Platform のサービスアカウントキーを作成する」を参考にしてください。

API の有効化

確認]ボタンの前にチェックマーク()が付いていない API がある場合は、以下の操作を行います。

  1. API をまとめて有効化する]ボタンをクリックします。
  2. 別タブに GCP コンソールの画面が開きます。
  3. GCP コンソール画面内の[続行]ボタンをクリックします。
  4. API は有効になっています」というメッセージが表示されたら、GCP コンソールの画面を閉じて、BLOCKS の画面に戻ります。

上記操作が終わったら、 が付いていない API の[ 確認]ボタンをクリックします。[ 確認]ボタンの前に が付くことを確認してください。この操作を が付いていないすべての API に対して繰り返してください。

もし、 が付かない場合は、しばらく時間をおいてから[ 確認]ボタンをクリックしてください。状況によっては、すぐには が付かない場合もあります。その場合は、 が付くまで、以下の操作を繰り返してください。

  1. しばらく時間をおく
  2. 確認]ボタンをクリックする

error_outline が表示され続ける原因としては、API が有効化されていないことの他に、以下のことが考えられます。

  • GCP サービスアカウントの役割に[編集者]権限が付与されていない。

    GCP コンソールのメニュー(GCP コンソール左上の )の[IAM と管理]をクリックし、[IAM]で確認します。もし、役割が[編集者]となっていない場合は、[編集者]を選択します。

  • 対象の GCP プロジェクトの課金が有効になっていない。

    GCP コンソールのメニュー(GCP コンソール左上の )の[お支払い]で確認します。もし、課金が有効になっていない場合は、課金を有効にします。

WEB フックの受取口設定

Dialogflow から BLOCKS を呼び出すための URL(Webhook)を指定します。

ここで指定した URL を Dialogflow の Fulfillment で指定します。

ここで指定した URL は、データバケット作成後の詳細で確認できます。Dialogflow の Fulfillment での指定方法については、データバケット詳細の接続情報のヘルプを参照願います。

WEB フックの受取口

URL の形式は以下のように決まっており、<任意の識別子>の部分のみ自由に指定可能です。

  https://magellan-dialogflow-<任意の識別子>-dot-<プロジェクト ID>.appspot.com
  

任意の識別子の入力規則は以下のとおりです。

  • 英小文字・数字・ハイフン(-)が指定可能
  • 末尾に英小文字か数字のみで、ハイフン(-)は指定不可
  • 指定可能な文字数はプロジェクト ID の長さによって変わり、15 文字から 20 文字まで

フローデザイナー連携設定

Dialogflow と連携させるフローを含むフローデザイナーを選択します。

この時点では、フローはなくても構いませんが、フローデザイナーは必要です。

Dialogflow とフローデザイナーのフローを連携させるためには、以下のルールに則る必要があります。

  • Dialogflow の Intent name とフローデザイナーのフロー ID を合わせる
  • Dialogflow]Intent の Fulfillment の Use webhook にチェックを付ける
  • フローデザイナー]Dialogflow への応答は、[Dialogflow 応答]ブロックを使う
  • フローデザイナー]5 秒以内に Dialogflow へ応答を返す

Dialogflow V2 API の正式リリースに伴い、以下の追加設定が必要になりました。

Agent 設定の API VERSION 設定画面
  • Dialogflow]Agent 設定の API VERSION の V1 API にチェックを付ける

フローデザイナーを選択

連携リストからフローデザイナーを選択します。

更新]ボタンをクリックすると、最新のフローデザイナーの一覧が連携リストにリストアップされます。

GCP サービスの利用料金

データバケットは、ユーザーの GCP プロジェクトに各種 GCP サービスを利用した環境を構築します。

このため、MAGELLAN BLOCKS の料金とは別に GCP の料金が発生します。適用される料金は、サービスごとに異なります。詳しくは、データバケットで使用する各サービスごとの料金ページを参照してください。データバケット(Dialogflow 連携タイプ)では、以下のサービスを使用します。

データバケット詳細

接続情報

WEB フックの受取口 URL・API トークン・Dialogflow と連携させるフローデザイナーが確認できます。

WEB フックの受取口 URL と API トークンは、Dialogflow の Fulfillment で使用します。

補足説明図:エントリーポイント URL と API トークンの Dialogflow Fulfillment での指定方法

設定内容

データバケット作成時の設定情報が確認できます。

名前については、[サービス名を変更する]をクリックして、名称の変更ができます。

このサービスで使用しているリソース

このデータバケットで使用している GCP 上のリソースが確認できます。

これらのリソースは、お客さまの GCP プロジェクト上に作成されています。

error_outline これらのリソースは削除しないでください。削除するとデータバケット(Dialogflow 連携タイプ)が機能しなくなります。

サービスの削除

削除]をクリックすると、削除の確認のあと、このデータバケットが即刻削除されます(関連するリソースも削除されます)。削除後のデータバケットは復元できません。

削除にはしばらく時間がかかります。削除が完了するまで、BLOCKS の操作はできません。削除が完了するまで、そのままお待ちください。