ブロックリファレンス

Block Reference

基本

オブジェクト生成

このブロックは、構造化されたデータを組み立てるブロックです。組み立てたデータは、変数に格納します。

以下は、データプロパティにデータを設定した例です。

オブジェクト生成ブロックのデータプロパティの例

データは、キー(Key)と値(Value)の組み合わせで設定します。設定できる Value の種類は、以下の 7 種類です。

  • String: 文字列です。変数展開(${var} という形式)も指定できます。展開した変数の値は文字列となります。
  • Integer: 整数値です。
  • Float: 浮動小数点値です。
  • Boolean: 真偽値です。
  • Variable: 変数値です。設定した変数の内容が設定されます。
  • Object: オブジェクト値です。Key と Value の組み合わせを複数個設定できます(1)。
  • Array: 配列値です。Value を複数個設定できます(2)。

以下は、このデータを「ログへ出力」ブロックを使って出力したデータ内容(JSON 形式の文字列表現)です。

{
  "flow_name": "オブジェクト生成ブロックの確認 (12)",
  "flow_id": 12,
  "number_of_BLOCKS": 26,
  "last_update": 1488330000.0,
  "editing": false,
  "results": {
    "status": "success",
    "start_time": 1488344400.0,
    "end_time": 1488345023.0
  },
  "logs": [
    "Finished",
    "Failed",
    "Finished"
  ]
}

ここで定義したデータの一部を他のブロックから参照したい場合は、「結果を格納する変数名.キー」とします。例えば、上図の例でキー logs の配列データを別のブロックから参照する場合は、_.logs と指定します(データが変数 _ に格納されている場合の例)。

プロパティ名 説明
ブロック名 ブロックの名前を指定します。ブロックに表示されます。
結果を格納する変数 データプロパティで設定したデータを格納する変数名を指定します。
データ

データをキー(Key)と値(Value)の組み合わせで指定します。指定できる Value の種類は、 以下の 7 種類です。その種類も合わせて指定します。

  • String: 文字列です。変数展開(${var} という形式)も指定できます。展開した変数の値は文字列となります。
  • Integer: 整数値です。
  • Float: 浮動小数点値です。
  • Boolean: 真偽値です。
  • Variable: 変数値です。設定した変数の内容が設定されます。
  • Object: オブジェクト値です。Key と Value の組み合わせを複数個設定できます。
  • Array: 配列値です。Value を複数個設定できます。
ブロックメモ ブロックに対するコメントを指定します。