ブロックリファレンス

Block Reference

G Suite

スプレッドシートを作成

このブロックはベータ版です。正式版リリース後、本ブロックは利用できなくなります。ご注意ください。
※正式版リリース後は、正式版のブロックをご利用ください。

また、ベータ版での提供となるため、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。機能改善や不具合などのフィードバックは、フォーラムやお問い合わせで情報提供をお願いします。フィードバックの内容は MAGELLAN BLOCKS の品質向上のために利用いたします。

概要

このブロックは、Google ドライブにスプレッドシートを作成します。

スプレッドシートの作成に成功すると、スプレッドシートへの URL がログへ出力されます。スプレッドシートへは、この URL でアクセスします。

このスプレッドシートへアクセスするには、権限が必要です。[Google ドライブのアイテムを共有] ブロックでスプレッドシートを共有し、適切な権限を設定してください(このブロックの拡張設定を使うと作成と同時に共有と権限の設定もできます)。

作成するシートの内容は、変数で指定します。変数には、シートに反映したいデータをオブジェクト配列にして格納します。

このデータ形式について、以下の表形式のデータを例に解説します(1 行目はヘッダー行)。

Column Title 1 Column Title 2 Column Title 3
"foo" 123 1.3
"bar" 456 4.6
"baz" 789 7.9
  • 各行をオブジェクトで表現し、データ全体を配列でまとめます。
  • 各オブジェクトでは、キーと値のペアで、各列のデータを表現します。
    • キーには、各列のヘッダーを指定します。
    • 値には、各列のデータを指定します。

以下に、JSON とオブジェクト生成ブロックで表現した例を挙げます。

  • JSON の例:
    [
      {"Column Title 1": "foo", "Column Title 2": 123, "Column Title 3": 1.3},
      {"Column Title 1": "bar", "Column Title 2": 456, "Column Title 3": 4.6},
      {"Column Title 1": "baz", "Column Title 2": 789, "Column Title 3": 7.9}
    ]
    
  • オブジェクト生成ブロックの例:
    スプレッドシートを作成ブロックで利用するオブジェクト生成ブロックの例

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名 ブロックの名前を指定します。ブロックに表示されます。
GCPサービスアカウント このブロックで使用する GCP サービスアカウントを選択します。
ファイル名

作成するスプレッドシートのファイル名を指定します。空欄の場合は、自動でファイル名が付けられます。

出力データの変数

作成するスプレッドシートの内容が格納された変数を指定します。

ブロックメモ ブロックに対するコメントを指定します。
ワークシート名

作成するスプレッドシートのシート名を指定します。空欄の場合は、自動でシート名が付けられます。

開始セル(A1形式) データを書き出すセルの位置を A1 形式で指定します。
ヘッダー行を出力する

ヘッダー行を出力するかしないかを指定します。

  • ヘッダー行を出力する場合は、チェックを付けます。
  • ヘッダー行を出力しない場合は、チェックを外す。
共有相手

共有する相手を選択します。

  • [特定のユーザー]: 特定のユーザーと共有します。
  • [グループ]: 特定の Google グループと共有します。
  • [ドメイン]: 特定の G Suite ドメインと共有します。
  • [ウェブ上で一般公開]: 誰でもアイテムにアクセスできるようにします。
付与する権限

共有する相手に付与する権限を選択します。

  • [編集]: アイテムの編集ができます。
  • [閲覧(コメント可)]: アイテムの閲覧とコメントができます。
  • [閲覧]: アイテムの閲覧のみができます。
Eメールアドレス

共有相手として [特定のユーザー][グループ] を選択した場合に、メールアドレスを指定します。

  • [特定のユーザー]: ユーザーのメールアドレスを指定します。
  • [グループ]: Google グループのメールアドレスを指定します。
ドメイン 共有相手として [ドメイン] を選択した場合に、共有相手の G Suite ドメインを指定します。
ファイル検索で検出を許可する

共有する相手として [ドメイン][ウェブ上で一般公開] を選択した場合に、ファイル検索でアイテムの検出を許可するかしないかを指定します。

  • アイテムの検出を許可するときはチェックを付けます。
  • アイテムの検出を許可しないときはチェックを外します。