ブロックリファレンス

BLOCKS Reference

G Suite

スプレッドシートを更新

セルフサービスプラン(無料トライアル含む)の場合は、Google Sheets API を有効にしてください。共有機能(【共有相手】プロパティ)を利用する場合は、Google Drive API も有効にしてください。Google Sheets API / Google Drive API を有効にする方法は、基本操作ガイドの「 Google API を有効にする」を参照願います。

概要

このブロックは、Google ドライブのスプレッドシートを更新します。

更新するシートの内容は、変数で指定します。データの形式は、[スプレッドシートを作成] と同じです。詳しくは、[スプレッドシートを作成] を参照してください。

既存の Google ドライブ上のファイル(G Suite ブロック以外で作成・保存したファイル)も対象とする場合は、GCP サービスアカウントのメールアドレスでそのファイルを共有しておく必要があります。GCP サービスアカウントのメールアドレスは、フローデザイナーの設定の GCP サービスアカウントで確認できます。

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名 ブロックの名前を指定します。ブロックに表示されます。
GCP サービスアカウント このブロックで使用する GCP サービスアカウントを選択します。
ファイル名

更新するスプレッドシートのファイル名を指定します。

更新するファイルが存在しない場合は、指定されたファイル名でスプレッドシートが作成されます。

ファイルへの URL も指定可能です。URL は、共有リンクおよびファイルの URL(ウェブブラウザーのアドレス欄に表示)のどちらも指定可能です。

変数展開の指定が可能]
ワークシート名 更新するシート名を指定します。
開始セル(A1 形式) データを書き出すセルの位置を A1 形式で指定します。空欄の場合は、A1 となります。
出力データの変数 更新するデータが格納された変数を指定します。
ブロックメモ ブロックに対するコメントを指定します。
親フォルダ名 データを更新するスプレッドシートが存在するフォルダーを特定したいときに指定します。同名のスプレッドシートが複数のフォルダーに存在するときに使用します。
ヘッダー行を出力する

ヘッダー行を出力するかしないかを指定します。

  • ヘッダー行を出力する場合は、チェックを付けます。
  • ヘッダー行を出力しない場合は、チェックを外す。
出力するキー

出力データの変数]に格納されたデータの内、ここで指定したキーに対するデータのみを出力します。列の並びはここで指定されたキーの順番になります。

キーは、[]ボタンをクリックして追加します。

共有相手

共有する相手を選択します。

  • [特定のユーザー]: 特定のユーザーと共有します。
  • [グループ]: 特定の Google グループと共有します。
  • [ドメイン]: 特定の G Suite ドメインと共有します。
  • [ウェブ上で一般公開]: 誰でもアイテムにアクセスできるようにします。
付与する権限

共有する相手に付与する権限を選択します。

  • [編集]: アイテムの編集ができます。
  • [閲覧(コメント可)]: アイテムの閲覧とコメントができます。
  • [閲覧]: アイテムの閲覧のみができます。
E メールアドレス

共有相手として [特定のユーザー][グループ] を選択した場合に、メールアドレスを指定します。

  • [特定のユーザー]: ユーザーのメールアドレスを指定します。
  • [グループ]: Google グループのメールアドレスを指定します。
ドメイン 共有相手として [ドメイン] を選択した場合に、共有相手の G Suite ドメインを指定します。
ファイル検索で検出を許可する

共有する相手として [ドメイン][ウェブ上で一般公開] を選択した場合に、ファイル検索でアイテムの検出を許可するかしないかを指定します。

  • アイテムの検出を許可するときはチェックを付けます。
  • アイテムの検出を許可しないときはチェックを外します。