ブロックリファレンス

Block Reference

GCP

変数から GCS へアップロード

このブロックはベータ版です。正式版リリース後、本ブロックは利用できなくなります。ご注意ください。
※正式版リリース後は、正式版のブロックをご利用ください。

また、ベータ版での提供となるため、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。機能改善や不具合などのフィードバックは、フォーラムやお問い合わせで情報提供をお願いします。フィードバックの内容は MAGELLAN BLOCKS の品質向上のために利用いたします。

概要

このブロックは、変数の内容を GCS 上のファイルへ書き出します。

書き出すファイルの形式は、以下の 6 種類です。

ファイル形式 説明
(none)

変数の内容をそのままファイルに書き出します。変数の内容が文字列のときのみ使用できます。変数の内容が文字列以外のときはファイルの書き出しに失敗します。

YAML

変数の内容を YAML に変換してファイルに書き出します。

JSON

変数の内容を JSON に変換してファイルに書き出します。

CSV

変数の内容を CSV に変換してファイルに書き出します。

  • この形式を使用するためには、変数の内容がオブジェクトの配列でなければなりません。
  • ファイルは、ヘッダー行付きのカンマ(,)区切りの CSV を書き出します。
  • ヘッダー行の各カラム値は、最初のオブジェクトの各ペアのキーになります。

以下は、オブジェクト生成ブロックを使って、オブジェクトの配列を用意した例です。

CSV 出力用オブジェクト生成ブロックのデータ例

(画像をクリックすると拡大表示されます。)

このデータをこのブロックで処理すると、以下の CSV が書き出されます(書き込む値を参照する変数に _.data と指定)。

Col1,Col2,Col3
abc,123,1.23
xyz,456,4.56
改行区切りの JSON

変数の内容を改行区切りの JSON に変換してファイルに書き出します。

  • 変数の内容が配列データのときは、要素ごとに 1 行の JSON に変換します(ファイルの行数は要素数分)。
  • 変数の内容が配列以外のデータのときは、そのデータを 1 行の JSON に変換します(ファイルの行数は 1 行のみ)。
バイナリ(Base64)

変数の内容を Base64 でエンコードされた文字列であると想定して、デコードした文字列をファイルに書き出します。変数の内容が文字列のときのみ使用できます。変数の内容が文字列以外のときはファイルの書き出しに失敗します。

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名

ブロックの名前を指定します。ブロックに表示されます。

GCPサービスアカウント

このブロックで使用する GCP サービスアカウントを選択します。

アップロードするファイル GCS URL

書き出し先ファイルの GCS 上の URL(バケット/ファイル のような URL)を指定します。

ファイル形式

書き出すファイルの形式を指定します。ここで指定された形式に従い、変数の内容を適切に変換してファイルに書き出します。

  • (none)
  • YAML
  • JSON
  • CSV
  • 改行区切りの JSON
  • バイナリ(Base64)

各形式について詳しくは、「概要」の説明を参照してください。

ブロックメモ

ブロックに対するコメントを指定します。

書き込む値を参照する変数

ファイルに書き出す変数を指定します。