ブロックリファレンス

BLOCKS Reference

提供データ

気象データと結合(アルファ版)

概要

このブロックは、既存の BigQuery テーブルと 気象データ(MAGELLAN BLOCKS の提供データサービス)を結合した新しい BigQuery テーブルを作成します。結合方法は、内部結合(INNER JOIN)のみをサポートしています。

気象データを結合するにあたっては、既存の BigQuery テーブルに日単位もしくは時間単位の日付の列が必要です。列の型は、DATE 型・DATETIME 型・TIMESTAMP 型・STRING 型のいずれかの必要があります(DATE 型は日単位での結合のみ可能)。

日付の列に未来の日時があると、予報データと結合します。結合可能な予報データは、現在から 7 日先までです。

気象データは有料のサービスです。フローデザイナーとは別のライセンスが必要です。本ブロックの利用にあたっては、気象データのライセンスが別途必要となります。気象データのラインセンスをお持ちでない場合は、「お問い合わせ」のページからライセンスの購入申請をお願いします。

このブロックはアルファ版です。ベータ版もしくは正式版のリリース後は、本ブロックの利用はできなくなる可能性があります。その場合は、新しい版のブロックをご利用ください。

アルファ版での提供となるため、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。機能改善や不具合などのフィードバックは、「フォーラム 」や「お問い合わせ」で情報提供をお願いします。フィードバックの内容は MAGELLAN BLOCKS の品質向上のために利用いたします。

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名 ブロックの名前を指定します。ブロックに表示されます。
GCP サービスアカウント このブロックで使用する GCP サービスアカウントを選択します。
結合対象のデータセット

結合対象のテーブル]プロパティで指定する BigQuery テーブルが属する BigQuery データセットの ID を指定します。

結合対象のテーブル

気象データと結合したい BigQuery テーブルの ID を指定します。

気象観測所

以下のいずれかを指定します。

  • 自動検出

    指定された緯度・経度に近い観測所のデータと結合したい場合に選択します。結合対象のテーブルに、緯度・経度の情報(列)が必要です。

  • 特定の観測所

    気象庁が公開する全国 154 か所の観測所から、特定のひとつの観測所のデータと結合したい場合に選択します。

緯度(latitude)を示す列

緯度データを持つ列の列名を指定します。

このプロパティは、[気象観測所]プロパティで、[自動検出]を指定したときのみ表示されます。

経度(longitude)を示す列

経度データを持つ列の列名を指定します。

このプロパティは、[気象観測所]プロパティで、[自動検出]を指定したときのみ表示されます。

観測所

気象庁が公開する全国 154 か所の観測所からひとつの観測所を指定します。

このプロパティは、[気象観測所]プロパティで、[特定の観測所]を指定したときのみ表示されます。

結合キー

気象データと結合したい BigQuery テーブルの日付の列の列名を指定します。

取得する単位

結合する気象データを日単位とするか時間単位とするかを指定します。

結合する列

結合したい気象データの項目を選択します。

結果格納先のデータセット

既存の BigQuery テーブルと気象データを結合した新しいテーブルを格納するデータセット ID を指定します。

結果格納先のテーブル

既存の BigQuery テーブルと気象データを結合した新しいテーブルの ID を指定します。

ブロックメモ ブロックに対するコメントを指定します。