ブロックリファレンス

BLOCKS Reference

機械学習

モデルジェネレータートレーニング開始(数値)

このブロックはベータ版です。正式版リリース後、本ブロックは利用できなくなる可能性があります。ご注意ください。

※正式版リリース後は、正式版のブロックをご利用ください。

また、ベータ版での提供となるため、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。機能改善や不具合などのフィードバックは、フォーラムやお問い合わせで情報提供をお願いします。フィードバックの内容は MAGELLAN BLOCKS の品質向上のために利用いたします。

概要

このブロックは、モデルジェネレーター(数値分類・数値回帰)のトレーニングを開始します。

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名

ブロックの名前を指定します。ブロックに表示されます。

モデル

トレーニング対象のモデルを選択します。

トレーニング名

トレーニングにつける名前を指定します。

訓練データ URL

訓練データ CSV ファイルへの GCS URL を指定します。

検証データ URL]プロパティを指定しない場合は、訓練データを 8:2 に分割し、2 割のデータを検証データとして使用します(8 割は訓練データ)。

検証データ URL

検証データ CSV ファイルへの GCS URL を指定します。

トレーニングの経過制限時間(分)

モデルジェネレーターのトレーニングでは、最良のトレーニング結果を導き出すために、試行を繰り返します。

トレーニングの経過制限時間は、1 回の試行にかける最大の時間を指定します。

1 回の試行に時間制限をかけない場合は、0 を設定します。

試行の途中でトレーニング結果(正確率や誤差)が悪化する(トレーニングの過剰状態になる)と、[トレーニングの経過制限時間]を待たずに試行を止めます。

トレーニングの最大試行回数

トレーニングの試行回数は、試行の回数を 1 以上の値で指定します。

「トレーニングの経過制限時間 × トレーニングの最大試行回数」が、トレーニングにかかるおおよその時間です。実際には、付加的・間接的な処理による時間もあるため、もう少し時間がかかる可能性もあります。

マシンタイプ

トレーニングに使用するマシンの種類を選択します。

  • BASIC

    標準的なマシンを使ってトレーニングを行います。

  • BASIC_GPU

    GPU (Graphic Processing Unit) を使ってトレーニングを行います。GCP の料金が[BASIC]に比べて 3 倍ほどかかりますが、[BASIC]に比べて高速なトレーニングが望めます。

    ただし、トレーニングデータの内容によっては、思ったほど高速にならないことや[BASIC]より遅くなることもあります。

  • STANDARD

    複数のマシンを使ってトレーニングを行います。

ブロックメモ

ブロックに対するコメントを指定します。

Skip header lines

トレーニングで使用する CSV ファイル中のヘッダー行を無視する機能です。CSV ファイル中にヘッダー行がある場合は、ヘッダー行の行数を指定します。ヘッダーがない場合は 0 を指定します。

Ignore error lines

無視するエラー行数を指定します。

Epochs

エポック数(訓練データを何回繰り返して学習するか)を指定します。

Batch size

バッチサイズ(1 回の学習に使用する訓練データの件数)を指定します。

Patience epocs

早期打ち切り(Early Stopping)のエポック数を指定します。

Save checkpoints epochs チェックポイント(学習時の各種パラメータの保存)のタイミングとなるエポック数を指定します。