ブロックリファレンス

BLOCKS Reference

機械学習

モデルジェネレータートレーニング開始(画像分類)<ベータ版>

概要

このブロックは、モデルジェネレーター(画像分類)のトレーニングを開始します。

このブロックはベータ版です。正式版リリース後、本ブロックは利用できなくなる可能性があります。ご注意ください。正式版リリース後は、正式版のブロックをご利用ください。

また、ベータ版での提供となるため、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。機能改善や不具合などのフィードバックは、「フォーラム 」や「お問い合わせ」で情報提供をお願いします。フィードバックの内容は MAGELLAN BLOCKS の品質向上のために利用いたします。

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名

ブロックの名前を指定します。ブロックに表示されます。

モデル

トレーニング対象のモデルを選択します。

トレーニング名

トレーニングにつける名前を指定します。

画像フォルダー URL

トレーニングに使用する GCS 上の画像フォルダーへのパス(gs://バケット名/フォルダー/ のような URL)を指定します。パスの末尾は必ず / とします。

ブロックメモ

ブロックに対するコメントを指定します。

トレーニングの経過制限時間(分)

トレーニングにかける最大の時間を指定します。

トレーニングの最大試行回数

トレーニングの最大試行回数を 110 で指定します。

マシンタイプ

トレーニングに使用するマシンの種類を選択します。

  • BASIC

    標準的なマシンを使ってトレーニングを行います。

  • BASIC_GPU

    GPU (Graphic Processing Unit) を使ってトレーニングを行います。GCP の料金が[BASIC]に比べて 3 倍ほどかかりますが、[BASIC]に比べて高速なトレーニングが望めます。

    ただし、トレーニングデータの内容によっては、思ったほど高速にならないことや[BASIC]より遅くなることもあります。