ブロックリファレンス

Block Reference

Salesforce

変数から Analytics へアップロード

概要

このブロックは、変数に格納されたデータを Einstein Analytics データセットへアップロードします。アップロードには、アップロードするデータのほかにメタデータも必要です(省略可能)。

変数から Einstein へアップロードブロックの概念図

アップロードするデータは、オブジェクトの配列として準備してください(詳細は後述)。

BigQuery カテゴリーの「クエリーの実行」ブロックの実行結果(変数に格納されたクエリー結果)はこの形式です。「クエリーの実行」ブロックのクエリー結果をアップロードする場合は、このデータ形式を意識する必要はありません。

変数から Analytics へアップロードブロックとクエリー実行ブロックの連携図

アップロードには、アップロードするデータの構造が記述された JSON 形式のメタデータも必要です(省略可能)。

例えば、下図のデータをアップロードする場合、nameamountclose_date それぞれのデータのデータ型や書式情報などをメタデータで記述します。メタデータの作成については、「Wave Analytics 外部データ形式リファレンス 」を参考にしてください。

変数から Analytics へアップロードのサンプルデータ図
{
  "fileFormat": {
    "charsetName": "UTF-8",
    "fieldsEnclosedBy": "\"",
    "fieldsDelimitedBy": ",",
    "numberOfLinesToIgnore": 1
  },
  "objects": [
    {
      "connector": "AcmeCSVConnector",
      "description": "",
      "fullyQualifiedName": "SalesData",
      "label": "Sales Data",
      "name": "SalesData",
      "fields": [
        {
          "description": "",
          "fullyQualifiedName": "SalesData.Name",
          "label": "Account Name",
          "name": "name",
          "isSystemField": false,
          "isUniqueId": false,
          "isMultiValue": false,
          "type": "Text"
        },
        {
          "description": "",
          "fullyQualifiedName": "SalesData.Amount",
          "label": "Opportunity Amount",
          "name": "amount",
          "isSystemField": false,
          "defaultValue": "0",
          "isUniqueId": false,
          "type": "Numeric",
          "precision": 10,
          "scale": 2,
          "format": "$#,##0.00"
        },
        {
          "description": "",
          "fullyQualifiedName": "SalesData.CloseDate",
          "label": "Opportunity Close Date",
          "name": "close_date",
          "isSystemField": false,
          "isUniqueId": false,
          "type": "Date",
          "format": "yyyy-MM-dd",
          "fiscalMonthOffset": 0
        }
      ]
    }
  ]
}

メタデータは、省略可能ですが、指定することを推奨します。メタデータを省略すると、すべてのデータがテキストとして扱われます。

アップロードするデータの形式

先に述べたとおり、アップロードするデータは、オブジェクトの配列として準備してください。

「クエリーの実行」ブロックのクエリー結果をそのままアップロードする場合は、この形式を意識する必要はありません。アップロードするデータをほかの方法で準備する場合、以下の解説を参考にしてください。

ここでは、下図の売上データをアップロードする場合を例に取り、準備するデータの解説を行います。

変数から Analytics へアップロードのサンプルデータ図

各レコード(行)をオブジェクトにして、それらを連続して並べます(配列)。

変数から Analytics へアップロードの配列の説明図

「オブジェクト」は、キーと値をペアにしたデータを複数個まとめたものです。

変数から Analytics へアップロードのオブジェクトの概念図

オブジェクトの配列データは、基本カテゴリーの「オブジェクト生成」ブロックで作成できます。オブジェクトには、「Object 」型を、配列には「Array」型を指定します。

変数から Analytics へアップロードのオブジェクト生成ブロックの例

外部からフローにデータを与える場合は、JSON テキストで作成します。

[
  {
    "name": "opportunityA",
    "amount": 100.99,
    "sales_date": "2014-06-30"
  },
  {
    "name": "opportunityB",
    "amount": 99.01,
    "sales_date": "2012-01-31"
  }
]

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名 ブロックの名前を指定します。ブロックに表示されます。
アカウント

Salesforce アカウントを選択します。

Salesforce アカウントは、あらかじめボード設定の Salesforce アカウントで設定を済ませておく必要があります。

投入データの変数 Einstein Analytics にアップロードするデータが格納されている変数を指定します。
データセット名 データアップロード先の Einstein Analytics データセットを指定します。
メタデータ

アップロードするデータの構造を記述した JSON 形式のメタデータを指定します。

メタデータの作成については、「Wave Analytics 外部データ形式リファレンス 」を参考にしてください。

Sandbox アップロード先の Salesforce が Sandbox 環境かどうかを指定します。
ブロックメモ ブロックに対するコメントを指定します。
操作内容

データをデータセットへアップロードするときに使用する操作を選択します。

  • 上書き: アップロードするデータでデータセットを作成します。データセットが存在する場合は置き換えます。
  • 追加: アップロードするデータをデータセットに追加します。データセットが存在しない場合は作成します。データセットまたはデータにユニークな識別子が含まれる場合は、追加は許可されません。
  • 更新・挿入: データセットの行を挿入または更新します。データセットが存在しない場合は作成します。更新・挿入する行には、ユニークな識別子が設定された項目が 1 つのみ含まれている必要があります。
  • 削除: データセットから行を削除します。削除する行には、ユニークな識別子が設定された項目が 1 つのみ含まれている必要があります。

追加、更新・挿入、削除の場合には、メタデータが必要です。

  • 追加および更新・挿入: アップロードデータとメタデータは、アップロード先のデータセットと一致する必要があります。
  • 削除: メタデータは、データセット列のサブセットである必要があります。