ブロックリファレンス

Block Reference

Salesforce

レコードの更新、無ければ追加

概要

このブロックは、変数に格納されたデータ(レコード)を Salesforce オブジェクトへ更新・追加します。レコードが、既存レコードの場合は更新し、新規レコードの場合は追加します。

レコードは、オブジェクトの配列として準備してください(「変数から Wave へアップロード」ブロックの「アップロードするデータの形式」と同様)。

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名 ブロックの名前を指定します。ブロックに表示されます。
アカウント

Salesforce アカウントを選択します。

Salesforce アカウントは、あらかじめボード設定の Salesforce アカウントで設定を済ませておく必要があります。

オブジェクト名 レコードを更新・追加する Salesforce オブジェクトを指定します。
投入データの変数 Salesforce オブジェクトへ更新・追加するレコード(データ)が格納された BLOCKS の変数を指定します。
外部ID

この外部 ID は、「既存レコードの更新」か「新規レコードの追加」かの判断に使用されます。

判断は、変数に格納されたレコードの外部 ID と、更新・追加対象の Salesforce オブジェクトレコードの外部 ID とを比較して以下のルールで切り分けられます。

  • 外部 ID が一致するレコードがない場合は、新規レコードを追加します。
  • 外部 ID が一度だけ一致するレコードがある場合は、その既存レコードを更新します。
  • 外部 ID が複数回一致するレコードがある場合は、レコードの更新も追加も行われず、失敗します。

外部 ID には、Salesforce 上でレコードの主キー (ID)、idLookup 項目、または外部 ID 項目と呼ばれるものが指定できます。

info_outline 外部 ID で指定した項目名が、投入データの変数へ格納されたレコードの項目名と違う場合には、「Salesforce オブジェクトレコードの外部 ID」と「投入データの変数へ格納されたレコードの項目」とのデータマッピングの設定も必要です。

データマッピング

Salesforce オブジェクトの項目と、BLOCKS の変数に格納されたレコードの項目(キー)の対応付けを定義します。

データマッピング解説図

項目ごとに以下のペアを定義します。

  • Salesforce項目: Salesforce オブジェクトの項目
  • バリュー: BLOCKS の変数に格納されたレコードの項目(キー)
Sandbox レコードを更新・追加する先の Salesforce が Sandbox 環境かどうかを指定します。
ブロックメモ ブロックに対するコメントを指定します。