ブロックリファレンス

Block Reference

Box

変数から Box へアップロード

概要

このブロックはベータ版です。正式版リリース後、本ブロックは利用できなくなります。ご注意ください。
※正式版リリース後は、正式版のブロックをご利用ください。

また、ベータ版での提供となるため、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。機能改善や不具合などのフィードバックは、フォーラムやお問い合わせで情報提供をお願いします。フィードバックの内容は MAGELLAN BLOCKS の品質向上のために利用いたします。

このブロックは、変数に格納されたデータを Box へ書き出します(アップロード)。

アップロードするファイルの形式は、[ファイル形式]プロパティの設定で決まります。

ファイル形式 説明
None

変数の内容をそのまま Box へアップロードします。

YAML

変数の内容がオブジェクトかオブジェクトの配列であることを期待し、それを YAML 形式のテキストデータに変換して Box へアップロードします。

JSON

変数の内容がオブジェクトかオブジェクトの配列であることを期待し、それを JSON 形式のテキストデータに変換して Box へアップロードします。

CSV

変数の内容がオブジェクトかオブジェクトの配列であることを期待し、それを CSV 形式のテキストデータに変換して Box へアップロードします。

バイナリ(Base64)

変数の内容が Base64 であることを期待し、をれをデコードして Box へアップロードします。

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名 ブロックの名前を指定します。ブロックに表示されます。
Box サービスアカウント

Box アカウントを選択します。

Box サービスアカウントは、あらかじめボード設定Box サービスアカウントで設定を済ませておく必要があります。

ユーザー ID

Box サービスアカウントのユーザー ID を指定します。

Box サービスアカウント(Box アプリ)のアプリケーションアクセスがアプリケーションの場合は、何も入力しないでください。

Box サービスアカウントのユーザー ID は、Box 開発者コンソール から Box アプリを選択し、一般のアプリ情報から確認できます。

開発者コンソールのユーザー ID を確認する図

※画像をクリックすると画像が拡大して表示されます。

アップロードするファイルパス

アップロードするファイルの Box 上の位置を以下の形式で指定します。

  • /ファイル
  • /フォルダー/ファイル

先頭の / は、Box の「すべてのファイル」ページを示します。フォルダー名とファイル名の間にある / は、フォルダー名とファイル名を切り分けるための区切り文字です。

/ファイル は、Box の「すべてのファイル」ページにファイルをアップロードする場合の形式です。「すべてのファイル」ページに sample.png というファイルをアップロードする場合は、/sample.png とします。

/フォルダー/ファイル は、フォルダー内にファイルをアップロードする場合の形式です。「すべてのファイル」ページに表示されている BLOCKS というフォルダーに sample.png というファイルをアップロードする場合は、 /BLOCKS/sample.png とします。

フォルダーが入れ子になっている場合は、/フォルダー 1/フォルダー 2/ファイル のような形式で指定します。
フォルダー A の中にフォルダー B があり、そのフォルダー B の中に sample.png というファイルをアップロードする場合は、/A/B/sample.png とします。

書き込む値を参照する変数 Box へアップロードする内容(値)が格納された変数を指定します。
ファイル形式

Box へアップロードするファイルの形式を None / YAML / JSON / CSV / バイナリ(Base64)から選択します。

ブロックメモ ブロックに対するコメントを指定します。