利用規約

Terms of Use

株式会社グルーヴノーツ(以下「当社」といいます)は、「Magellanic Clouds」のサービス(以下「本サービス」といいます)につき、本「Magellanic Clouds利用規約」(以下「本利用規約」といいます)に定める条件に従い、本サービスを提供します。本利用規約は、本サービスのアカウント登録、申込、利用、支払等にかかわる一切に適用されます。

第1条(サービス内容等)

  1. 本サービスには、トライアルサービス(14日間に限り無償で提供されるサービス)及び有償サービス(複数の料金体系から構成されます)が含まれます。
  2. 当社は、当社所定の方法による利用申込手続きを完了された日本国内のユーザー、及び、Magellanic Cloudsベータ版サービスを継続利用中の日本国内のユーザー(以下、総称して「ユーザー」といいます)に対し、本利用規約等に定める条件に従い、本サービスを提供致します。本サービスをご利用できる範囲・条件については、本利用規約に定めるもののほか、当社ホームページ及びサービスサイト(以下、総称して「本サイト」といいます)上に定めるとおりとします。
  3. 本利用規約等に別段の定めがない限り、ユーザーは、本サービスの利用申込手続が完了した日から、当社が本サービスの提供を終了(個別のユーザーに対するサービス提供の終了、利用停止等を含みます。)する日まで、本サービスをご利用いただくことができます。
  4. 当社は、本サービスの提供業務の全部又は一部を第三者に委託することがあります。

第2条(利用申込等)

  1. トライアルサービスの利用を希望する者は、本サイトを通じて、新規アカウント登録(当社所定の外部サービスアカウントを利用した登録を含みます)を行うとともに、利用の申込みをするものとします。申込者は、当該申込みをすることによって本利用規約等に同意をしたものとみなされます。当社は、当該申込を承諾する場合は、申込者に対して、電子メール又は別途当社が定める方法にて、その旨通知するものとし、当該通知の時点で申込者(ユーザー)と当社との間にトライアルサービスの利用に関する契約(以下「トライアルサービス利用契約」といいます)が成立するものとします。
  2. 当社の提供するMagellanic Cloudsベータ版サービスは平成27年8月末日をもって終了するものとし、同日において当該サービスを継続利用中の日本国内のユーザーは、何らの手続きを要することなく、前項に定めるトライアルサービスの利用の申込みをしたものとみなされ、当社はこれに承諾したものとみなされます。この場合において、当該ユーザーは、平成27年9月1日以降に本サイトにアクセスすることによって本利用規約等に同意をしたものとみなされ、当該時点において当社との間にトライアルサービス利用契約が成立するものとします。
  3. 前各項に定めるトライアルサービスの利用期間は14日間とし、当該期間内に有償サービスの利用申込みがない場合は、当該期間の満了をもって当社によるトライアルサービスの提供は終了し、当社は、当該期間に利用されたWorker、DBその他のデータを消去することができるものとします。
  4. 有償サービスの利用を希望する者は、本条第1項又は第2項に定める申込みと同時に、又は、トライアルサービス利用契約の成立後に、本サイトを通じ又は別途当社の指定する方法により利用料金の支払方法(電子決裁又は請求書払い(銀行振込))等の登録を行うとともに、利用の申込みをするものとします。当社は、当該申込を承諾する場合は、申込者に対して、本サイトにおける掲示、電子メール又は別途当社が定める方法にて、その旨通知するものとし、当該通知の時点で申込者(ユーザー)と当社との間に有償サービスの利用に関する契約(以下「有償サービス利用契約」といい、トライアルサービス利用契約とあわせて「本利用契約」といいます)が成立するものとします。
  5. 当社は、本条第1項、第2項又は前項に定める申込みを承諾しない場合であっても、その理由について一切開示義務を負わないものとします。

第3条(支払)

  1. 有償サービス利用契約に係るユーザーは、当社に対して、サービス利用の対価として、本サイトに掲示する料金表及び当該有償サービスに係る料金体系に基づいて、前月における利用実績(Worker利用量、DB利用量及び通信量等を含みます)に応じた利用料金を、本利用規約に定める方法に従って支払うものとします。
  2. 当社は、前項所定の前月における利用料金(毎月末日締め)を算出し、翌5営業日までに(5営業日が休日の場合は翌営業日とします)、同項に定めるユーザー対して、請求書、電子メール又は当社が別途指定する方法にて当該利用料金に係る通知を発するものとします。利用料金の支払期限は、当該通知に別段の定めがない限り、当該通知発行日の属する月の末日とします。
  3. ユーザーは、所定の期限までに利用料金を支払わない場合、当社に対して年14.6%の割合による遅延損害金を支払うものとします。
  4. 本利用規約に別段の定めがある場合を除き、利用契約成立後は、いかなる場合でも当社は受領した利用料金等を返還しないものとします。

第4条(アカウント情報等の管理)

ユーザーは、発行されたアカウント情報及びパスワードを第三者に対して開示、貸与、共有せず、第三者に漏えいすることのないよう厳重に管理するものとします。アカウント情報及びパスワードの管理不備、使用上の過誤、第三者の使用等により、ユーザーが損害を被ったとしても、当社は一切の責任を負わないものとします。

第5条(免責)

  1. 本サービスについて、当社はサービスの完全性、正確性、有用性、信頼性、無害性等の一切について、何ら保証するものではありません。
  2. 当社は、ユーザーが本サービスを利用したこと、又は本サービスを利用できなかったこと(当社が提供するソフトウェアを利用してユーザーが開発したアプリケーションが、各アプリケーションマーケット(AppStore、GooglePlay等)の審査に通過しなかった場合を含みますがこれに限られません)により、ユーザー又は第三者に損害が生じた場合であっても一切責任を負わないものとします。また、当社はユーザーに対していかなる場合においても原因調査の責任を負わないものとします。
  3. ユーザーが本サービスを利用したことにより、他のユーザー又は第三者の権利を侵害等した場合、もしくは他のユーザー又は第三者との間で紛争が生じた場合、ユーザーが自らの責任と負担において、これを解決するものとし、当社に損害を与えないよう必要な措置を講じなければならないものとします。

第6条(損害賠償)

  1. 当社の責めに帰すべき事由によりユーザーに損害が生じた場合であっても、当社が賠償責任を負う損害の範囲は直接の結果として現実に被った通常の損害に限られ、当社は、特別の事情から生じた損害(予見の有無及び可否を問わない。)、間接的損害、派生的損害及び逸失利益について一切の責任を負わないものとします。
  2. 当社の責めに帰すべき事由によりユーザーに損害が生じ、当社がユーザーに対し賠償責任等を負う場合であっても、その額は、債務不履行、法律上の瑕疵担保責任、不当利得、不法行為その他の請求原因の如何を問わず、帰責事由の原因が生じた時の直近1ヶ月において、当社がユーザーより受領した金額を上限とします。
  3. 当社の故意又は重大な過失によりユーザーに損害が生じた場合については、前2項の規定は適用しないものとします。

第7条(禁止事項及び利用停止等)

ユーザーが次の各号に定める行為その他本利用規約に違反する行為(利用料金の支払遅延を含みます)を行ったと当社が判断した場合は、当社は、当社又は第三者の利益を保護するため、当該ユーザーに対し、何らの通知を要することなく本サービスの利用停止その他の必要な措置を講じることができるものとします。
  1. (1)本サービスの申込みに際して当社に対し虚偽の事実を申告した場合。
  2. (2)本利用規約に定める条件等に違背して本サービスを利用することが予想される場合。
  3. (3)申込みの際に未成年者の場合、又は、自らの行為によって本サービスを締結する行為能力を欠き、法定代理人その他の同意権者の同意又は追認がない場合。
  4. (4)反社会的勢力等である、又は資金提供者を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当社が判断した場合。
  5. (5)当社の定める禁止行為を行う、又は行う恐れがある場合。
  6. (6)当社が指定する利用方法以外の方法で、本サービスを利用する場合、又は当該行為をする恐れがある場合。
  7. (7)当社が提供するソフトウェアの全部又は一部の修正、補正、翻案、改変、リバースエンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイル、解析等をする場合、又はこれらをする恐れがある場合。
  8. (8)本サービスを利用して、本サービスに類似するサービスを開発若しくは提供する場合。
  9. (9)本サービスの運営の妨げになるような行為をする場合。
  10. (10)本サービスのネットワーク又はシステムに過度の負荷をかける行為をする場合。
  11. (11)前各号に定める場合のほか、当社が業務を行ううえで支障がある又は支障の生じる恐れがあると判断した場合。

第8条(サービスの停止、中断)

当社は、次の各号の事由に該当する場合には、本サービスの提供の全部又は一部を停止又は中断することができるものとし、これに対し何らの責任も負担しないものとします。
  1. (1)天災・事変等の非常事態により本サービスの提供が不能又は困難となったとき
  2. (2)本サービス提供の用に供する建物、通信回線、電子計算機その他の設備の保守、工事その他やむを得ない事由があるとき
  3. (3)本サービスの提供の対象となっている当社の設備又は当社が第三者との契約に基づき利用している当該第三者の設備(ハードウェア及びソフトウェアを含む。)が不具合等により停止又は中断したとき
  4. (4)電気通信事業者が提供する電気通信が停止又は中断したとき
  5. (5)Google.Inc.が「Google Cloud プラットフォーム」のサービスの提供を停止又は中断したとき
  6. (6)運用上又は技術上、当社が本サービスの停止又は中断が必要であると判断し、ユーザーに対して5営業日前までに告知したとき、又は、やむを得ない事由により停止又は中断した場合であってユーザーに対して当該停止又は中断後遅滞なくこれを報告したとき
  7. (7)ユーザーの同意を得たとき

第9条(知的財産権等)

  1. 本サービスにかかわる著作権、商標権、意匠権、実用新案権、特許権、ノウハウ及びその他のすべての知的財産権は、当社又は当社にライセンスを許諾している者に帰属します。但し、本利用規約に基づき、ユーザーが本サービス及び当社が提供するソフトウェアを用いて独自に創作したソフトウェアのプログラムに係る著作権(当社又は第三者が従前から保有していた著作物の著作権を除きます)については、当該創作をしたユーザーに帰属するものとします。
  2. 当社はユーザーに対し、本利用規約に定める目的の範囲内に限り、本サービスに係る発明又は著作物を実施又は利用することのできる非独占的、再許諾不可能かつ譲渡不可能な使用権を許諾します。
  3. ユーザーは、当社に対して、本サービス及び当社が提供するソフトウェアを利用して開発したアプリケーションが、第三者の権利を侵害していないことを、表明し、保証するものとします。
  4. 本サービスで提供されるプログラム及びライブラリの中には、オープンソースライセンスなどの別個のライセンスに基づき、ユーザーに提供されるものもあり、この場合には、ユーザーによる当該プログラム及びライブラリの使用には、当該ライセンスが適用されます。本利用規約と当該ライセンスとの間に齟齬があった場合には、当該プログラム及びライブラリについては、当該ライセンスが優先して適用されます。

第10条(秘密情報の取扱い)

  1. ユーザーは、本サービスの利用において当社の技術上又は営業上の情報(以下「秘密情報」といいます)を入手したときは、当社がこれを秘密として管理しているかどうかに関わらずその入手した情報の存在若しくは内容を洩らしたり、又はこれを不正に利用してはならないものとします。但し、次の各号に定める情報は、秘密情報には含まれないものとします。
    • (1)知得する時点でユーザーがすでに保有していた情報
    • (2)知得する時点で既に公知である情報、もしくはその後ユーザーの責によらず公知となった情報
    • (3)正当な権限を有する第三者より秘密保持義務を負わされることなくユーザーが入手した情報
    • (4)秘密情報を利用することなく、ユーザーが独自に開発した情報
  2. 前項の規定にかかわらず、ユーザーは、監督官公庁の正当な要求もしくは法令の定めにしたがって開示する場合又は委託先に開示する場合は、秘密情報を当該監督官公庁又は委託先に開示することができるものとし、その場合、当社に対して直ちに開示の事実を通知するものとします。また、ユーザーは、秘密情報を開示する自己の役員、従業員又は委託先に対し、本条において自己に課された義務と同等の義務を課すものとします。なお、これらのものが本項に違反した場合は、ユーザーが責任を負うものとします。
  3. ユーザーは、本利用規約に定める義務の履行において当社の秘密情報が不要になった場合、又は当社から要求があった場合は、秘密情報を当社に返還し又は当社の指示に従った処置を行うものとします。
  4. 秘密情報のうち、個人情報に該当する情報については、次条の規定が本条の規定に優先して適用されるものとします。

第11条(個人情報の取扱い)

  1. 本サービスの提供にあたり、当社が取得するユーザー及びその従業員等の個人情報(個人情報の保護に関する法律に定める個人情報をいいます。以下同じ)の取り扱いについては、別に定めるプライバシーポリシーによるものとします。
  2. 当社は、ユーザーが当社に提供した情報、データ等を、個人を特定しない形での統計情報として、当社の裁量で、利用及び公開することができるものとし、これに対してユーザーは異議を唱えないものとします。

第12条(退会)

  1. ユーザーは、本サイトを通じて当社所定の退会申請をすることにより、本サービスから退会し、ユーザーとしての登録を抹消することができます。但し、退会時に有償プラン利用時の残債務がある場合には、有償プランの利用実績や利用料金等の情報は、当該残債務の支払いの後に抹消されるものとします。
  2. 前項の場合、当社とユーザーとの間のトライアルサービス利用契約又は有償サービス利用契約は、当社が退会情報を受領した時点で終了するものとします。
  3. 本条1項の規定に基づいて退会したユーザーは、退会時において当社に債務を負担している場合は、当然に期限の利益を失うものとし、当社に対して直ちに全ての残債務を一括して支払うものとします。
  4. 本条1項の規定に基づいて退会したユーザーが再度本サービスの利用を希望する場合は、第2条の規定に基づいて再度利用申込みを行うものとします。但し、退会日から60日間は、本サービスをご利用頂くことはできません。

第13条(サービスの提供終了等)

  1. 当社は、業務上の都合により、本サービスのサービス提供期間中であってもユーザーに対して提供しているサービスの全部又は一部を当社の判断により、終了することができるものとします。この場合、当社は、本サービスの終了日の3ヶ月前迄に当社が別途定める方法にてユーザーへその旨通知するものとします。
  2. 当社は、前項に定める終了に関してユーザーに生じた損害については、一切責任を負わないものとします。

第14条(本利用規約及び本利用規約の変更)

当社は、必要な場合、本サービス及び本利用規約の内容を変更することができるものとします。変更後の本サービス及び本利用規約は、本サイト内の適宜の場所に掲示された時点からその効力を生じるものとし、ユーザーは本利用規約の変更後において本サービスを利用したことにより、変更後の本利用規約に同意したものとみなされます。

第15条(登録情報の変更)

ユーザーは、会社名、住所、電話番号等、その他登録情報の変更があった場合は、直ちに本サイトからユーザー自身で変更入力を行うものとします。なお、変更の入力が遅れたことにより生じた損害については、当社は一切責任を負わないものとします。

第16条(連絡/通知)

本サービスに関する問い合わせその他ユーザーから当社に対する連絡又は通知、及び本利用規約の変更に関する通知、その他当社からユーザーに対する連絡又は通知は、当社の定める方法で行うものとします。

第17条(地位の譲渡等の禁止)

ユーザーは、当社からの書面による事前の同意を得ることなく、本利用規約上の権利もしくは義務又は契約上の地位の全部又は一部を、第三者に譲渡、移転、担保権の設定その他の方法により処分してはならないものとします。

第18条(準拠法)

本利用規約の準拠法は日本法とします。

第19条(管轄裁判所)

本利用規約に関する訴訟については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第20条(誠実協議)

本利用規約に定めのない事項については、その都度ユーザーと当社が誠意をもって協議し円満に解決するものとします。

制定:平成27年8月31日
改定:平成28年6月30日