イベント/セミナー

Events and seminars

三菱地所との共同プロジェクト事例からみる、業務最適化セミナー

三菱地所との共同プロジェクト事例からみる、 業務最適化セミナーを4/21(火)にオンライン開催

車両数約59%減の効果を検証!AIと量子コンピュータ活用による「廃棄物収集ルート最適化」事例を解説

量子コンピュータで「量子超越性」が実証された−−今、世界で最も注目を集める先端技術として量子コンピュータが存在感を示しています。量子コンピュータの中でも量子ゲート方式は、夢のマシンと称されるように技術的な側面で実用化までにはまだ先が長いといわれています。一方で、すでに高い性能を持ち、実業務における課題解決の手段として有用性が確認されているのは、量子アニーリング方式の量子コンピュータです。

量子アニーリング方式は、膨大な組み合わせパターンの中から最適解を高速かつ高精度に探索することに特化したテクノロジーです。グルーヴノーツは世界に先駆け、量子アニーリングを活用して、この「組合せ最適化問題」に対応する商用サービス『MAGELLAN BLOCKS 組合せ最適化ソリューション』を展開。三菱地所株式会社との共同プロジェクトでは、東京・丸の内の街を対象に、組合せ最適化ソリューションを活用した「廃棄物収集ルート最適化」検証を実施し、その効果を確認しました。

今日のロジスティクスが抱える大きな課題には、物流事業者だけではなく荷主企業、例えば資材調達から出荷までを行うメーカーや商社、卸・小売、倉庫等の輸配送等においても、人材不足や労働環境劣化、コスト高騰等で社会問題化される重大局面をいかに乗り越えていくか、があります。

その方法の一つとして挙げられるのは、サービスの質を維持・向上した上でリソースの無駄を省き、効率・効果的な配送を構築すること−−解決の糸口は、どの車両・モノ・人が、どの場所を、どのような順番・経路で移動すればよいかという「ルート最適化」や「積載の最適化」の実現にあります。

本セミナーでは、三菱地所株式会社との「廃棄物収集ルート最適化」事例の成果を具体的に解説するとともに、AIによる需要予測から量子コンピュータによる組合せ最適化問題を解決する「MAGELLAN BLOCKS」の活用方法や、ロジスティクスにおける「積載の最適化」や「ルート最適化」等の業務最適化へ向けたアプローチ方法等をご紹介します。

 

量子コンピュータを活用して「組合せ最適化」に対応する商用サービスを世界で初めて展開

「MAGELLAN BLOCKS」では、物理学上の数式の作成からマシン上で動作するモデル(イジングモデル)の構築まで含めて対応した独自の「組合せ最適化ソリューション」を提供しています。また、ユーザーには難しい専門知識やプログラミングスキルは不要で、業務上の制約条件を入力するだけで、希望する組み合わせパターンの最適解を瞬時に導き出すことができます。

「MAGELLAN BLOCKS」を活用することで、AI(機械学習/深層学習)による高精度な需要予測から、その予測結果をもとに量子コンピュータによる人・モノ・作業の最適配置を実現します。

業務上の「組合せ最適化」例

  • ルートの最適化
    どの車両・モノ・人が、どの場所を、どのような順番・経路で移動すればよいか など
  • 積載の最適化
    積載率の最適化、倉庫稼働率や在庫配置の最適化 など
  • シフトの最適化
    物流や交通のドライバーシフト、工場の勤務シフト、倉庫のピッキングシフト、小売の店舗シフト など
  • ジョブ割当
    車両の稼働率や運行の最適化、生産計画・機器稼働率の最適化、資機材・人員・工程計画の最適化 など

 

開催概要

①データ統合・分析と可視化、②AIによる未来予測、③量子コンピュータを活用した組合せ最適化を実現するソリューションをご紹介します。

  • 日時:2020年4月21日(火)​ 16:00〜16:45
  • 会場:オンライン配信(視聴方法はメールにてご案内いたします)
  • 対象:自社の業務で量子コンピュータの活用をご検討中の方
  • 参加費:無料(事前登録制)
  • 主催:株式会社グルーヴノーツ
  • 協力:丸の内データコンソーシアム*

※同業他社のお申込みはお断りさせていただく場合がございます。

*丸の内データコンソーシアム
三菱地所株式会社と富士通株式会社が、2019年9月12日(木)に設立した、データ活用を通じて街や社会における新たな価値や新たな事業の創出を目指すコンソソーシアム。当コンソーシアムに参画した企業・組織が、アイデア創出からフィールド検証まで一貫して取り組めるよう、ワークショップやセミナーなどを開催するとともに、データ流通・利活用基盤の提供や、データ分析支援を行うデータサイエンティストによる支援を行い、あわせて実証実験や新ビジネス創出を支えるため多様な企業とのチャネルを提供。

 

受付を終了しました。多くの方に参加申込いただき、誠にありがとうございます。