新機能リリース

Release Information

組合せ最適化ソリューション・積載最適化やフローデザイナーなどのアップデート

日頃より、「MAGELLAN BLOCKS」をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
本記事は、直近の主なリリース情報をお知らせいたします。
グルーヴノーツでは、お客様の課題に寄り添い、継続的な機能強化、新機能の開発を行っています。

今後とも、グルーヴノーツならびに「MAGELLAN BLOCKS」をよろしくお願いいたします。




組合せ最適化ソリューション

○【シフト最適化】 アサイン指定に関する制約条件項目を追加しました。

アサイン指定制約 [強制] に加え、他の制約との関係でアサイン指定を守らないこともありえる強度の指定ができるようになりました。


○【積載最適化(ビンパッキング問題)】 各制約条件項目を追加しました。

  • 同一グループの荷物を同一コンテナへ割り当てる制約条件項目を追加しました。
  • 一つの荷物に割り当てるコンテナの数を最小にする制約条件項目を追加しました。

ビンパッキング問題とは、与えられた「荷物」をつめる「箱」が最小となるよう、荷物の組み合わせ(詰め方)を見つける問題です。



フローデザイナー

○コメント機能を追加しました。

フローデザイナーは、ブロックを配置することで、あるモノからデータを取得し、データを繋いだり加工したり、あるべきモノへデータを保存する・入れ直すなど、その業務自体の設計図としての役割を担えます。フローデザイナーの画面(編集パネル)上に、コメントや囲い線などをメモできる機能を追加し、業務プロセスをわかりやすく示し共有することが可能になります。


○BigQueryカテゴリの「変数からテーブルへロード」と「GCSから単一テーブルへロード」のブロックに、スキーマ定義ファイルを指定できるオプション追加しました。

Google Cloud Storage(GCS)上のJSON形式のスキーマ定義ファイルを使って、BigQueryテーブルのスキーマを指定することができます。


○Salesforceカテゴリに「SOQLクエリ結果からGCSにファイル作成」のブロックを追加しました。

MAGELLAN BLOCKSでは、様々な外部ツールと連携できる機能をご用意しています。このブロックでは、SalesforceのBulk API/SOQLクエリを実行して、その結果をGCS上にファイル出力することができます。これにより、Salesforceで管理するデータを時系列で分析、可視化したい場合など、日々のログの保存や、Salesforce上の大量データを取り込むことができます。また、GCSからBigQueryへのデータ保存は「GCSから単一テーブルへロード」ブロックで対応できます。



BigQuery Viewer

○すべてのテーブル表示に対応しました。

これまで指定テーブルのみ表示されていましたが、全テーブルが表示され、選択が可能となります。