カレンダーデータセット

Calendar Dataset

概要

カレンダーデータセット(カレンダーデータ)では、日付・曜日・国民の祝日(祝日)・銀行の休日などの情報を提供します。

このカレンダーデータは、MAGELLAN BLOCKS の DataEditor サービスを通して提供します。DataEditor サービスで取得したカレンダーデータは、機械学習の因子としてそのまま活用可能です。

カレンダーデータセットの提供イメージ

国民の祝日は、内閣府の「国民の祝日について 」の情報を元に提供しています。

カレンダーデータ

カレンダーデータは、DataEditor サービスを通して利用できます。

取得できるカレンダーデータの範囲は、1955 年 1 月 1 日から内閣府の「国民の祝日について」ページで公開されている最新の祝日情報年の 12 月 31 日までです。

項目 DataEditor での列名 DataEditor でのデータ型 備考
日付 date DATE 1955 年 1 月 1 日から内閣府の「国民の祝日について」ページで公開されている最新の祝日情報年の 12 月 31 日まで
date_int.year INTEGER 1955 年から内閣府の「国民の祝日について」ページで公開されている最新の祝日情報年まで
date_int.month INTEGER 1 から 12
date_int.day INTEGER 1 から 31
曜日番号 dayofweek.int INTEGER 曜日を表す番号(1:日 / 2:月 / 3:火 / 4:水 / 5:木 / 6:金 / 7:土)
曜日 dayofweek.name STRING / / / / / /
祝日フラグ public_holiday.flag BOOLEAN true:祝日
false:祝日ではない
祝日名 public_holiday.name STRING 祝日の名称
銀行の休日フラグ bank_holiday.flag BOOLEAN 土日祝日・12/31・1/1 - 1/3
true:銀行の休日
false:銀行の休日ではない
月内営業日数カウントアップ business_date_count.up INTEGER 月頭を起点として、当該日時点での月内営業日数の累計値
月内営業日数カウントダウン business_date_count.down INTEGER 月末を起点として、当該日時点での月内営業日数の累計値
休前日フラグ day_before_holiday.flag BOOLEAN true:休前日
false:休前日ではない
休日明けフラグ day_after_holiday.flag BOOLEAN true:休日明け
false:休日明けではない

カレンダーデータの取得方法

カレンダーデータは、DataEditor サービスのテーブル結合機能を使って、DataEditor 上の既存テーブルと結合させる形で利用できます。

カレンダーデータと DataEditor の既存データを結合するには、既存データに DATE 型の日付列が必要です。

ライセンス

カレンダーデータは、無料です。DataEditor サービスのライセンスがあれば利用可能です。