ブロックリファレンス

BLOCKS Reference

BigQuery

DML クエリーの実行

概要

このブロックは、BigQuery DML クエリーを実行します。

DML クエリーの実行ブロックの概念図

このブロックを使用すると、BigQuery テーブルデータの更新・挿入・削除ができます。

DML クエリーの利用にあたっては、いくつかの制限事項があります。制限事項については、Google の「データ操作言語の制限事項 」を参照願います。

DML クエリーでより良い性能を引き出すためには、Google の「データ操作言語のベストプラクティス 」が参考になります。

本ブロックでは、DDL も記述できます。これにより、以下の操作もできます。

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名

編集パネルに配置した当該ブロックの表示名が変更できます。

ブロックリストパネル中のブロック名は変更されません。

GCP サービスアカウント

このブロックで使用する GCP サービスアカウントを選択します。

クエリー

実行するクエリーを指定します。

  • 変数展開の指定が可能
  • % 形式の文字列書式の指定が可能

    クエリー内の % 形式の文字列書式を有効にする]プロパティのチェックボックスにチェックが付いているときのみ有効です。

    %Y や %m などの % 形式の文字列書式を BigQuery にそのまま渡したい場合は、% の部分を %% としてください。例えば、%Y や %m の場合は、%%Y、%%m とします。BLOCKS により %% が % へ変換され、%Y、%m が BigQuery に渡ります。

クエリー内の % 形式の文字列書式を有効にする

クエリー内の % 形式の文字列書式を有効にするかしないかを指定します。

チェックボックスにチェックを付けると、クエリー内の % 形式の文字列書式が有効になります。チェックボックスのチェックを外すと、クエリー内の % 形式の文字列書式が無効になります。

クエリーの優先度

クエリーの優先度を選択します。選択できる優先度は、次のいずれかです。

  • インタラクティブ (直ぐに実行、同時実行数の制限を受ける)
  • バッチ(リソースがあるときに実行、同時実行数の制限を受けない)
ブロックメモ このブロックに関するメモが記載できます。このブロックの処理に影響しません。
クエリー文をログへ出力

クエリー文をログへ出力するかどうかの指定です。ログに出力するクエリー文は、変数が展開されて出力されます。

クエリー文をログへ出力する場合は、チェックボックスにチェックを入れてください。

この情報は役に立ちましたか?