ブロックリファレンス

BLOCKS Reference

Google Cloud(旧:GCP)

GCS から Drive へファイルコピー(アルファ版)

概要

このブロックは、Google Cloud Storage(GCS)上のファイルを Google ドライブへコピーします。

GCS から Drive へファイルコピー(アルファ版)の動作イメージ

コピーの祭、ファイル形式の変換も可能です。

  • Excel・CSV・TSV のファイルから Google スプレッドシートへの変換
  • Word・テキスト・画像のファイルから Google ドキュメントへの変換

このブロックはアルファ版です。ベータ版もしくは正式版のリリース後は、本ブロックの利用はできなくなる可能性があります。その場合は、新しい版のブロックを利用してください。

アルファ版での提供のため、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。機能改善や不具合などのフィードバックは、MAGELLAN BLOCKS のお問い合わせ機能より情報提供をお願いします。フィードバックの内容は MAGELLAN BLOCKS の品質向上のために利用いたします。

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名 ブロックの名前を指定します。ブロックに表示されます。
GCP サービスアカウント

コピー対象の GCS と Google ドライブの両方にアクセス可能な GCP サービスアカウントを選択します。

Google ドライブに GCP サービスアカウントへのアクセスを許可するには、Google ドライブの共有機能 を使って、GCP サービスアカウントのメールアドレスを共有してください。

GCP サービスアカウントのメールアドレスは、フローデザイナーの設定機能から GCP サービスアカウント項目で確認ができます。

コピー元ファイルの GCS URL

Google ドライブへコピーしたい GCS 上ファイルの GCS URL(gs://my-bucket/my-file のような形式、ただし gs:// は不要)を指定します。

この GCS URL は、GCS Explorer のパスをコピー機能を使うと、簡単に取得できます。

変数展開の指定が可能][% 形式の文字列書式の指定が可能]
コピー先のフォルダ URL

コピー先となる Google ドライブフォルダーへの URL を指定します。

この URL は、以下の手順で取得(クリップボードにコピー)可能です。

  1. Google ドライブ で、コピー先フォルダーを右クリック
  2. リンクを取得]をクリック

このプロパティを省略(空欄のままに)すると、選択した GCP サービスアカウントに割り当てられた Google ドライブのルートフォルダーがコピー先となります。

変数展開の指定が可能][% 形式の文字列書式の指定が可能]
コピー先ファイル名

コピー後のファイル名を指定します。

このプロパティを省略(空欄のままに)すると、コピー元のファイル名のままでファイルがコピーされます。

変数展開の指定が可能][% 形式の文字列書式の指定が可能]
ブロックメモ ブロックに対するコメントを指定します。
コピー先ファイル URL を格納する変数

コピー先ファイルへの URL を変数で取得したい(他のブロックでコピー先ファイルにアクセスしたい)場合に、変数名を指定します。

ファイル形式

コピー時に、ファイル形式を変換したい場合に指定します。

項目 説明
指定なし

コピー時にファイル形式の変換をせず、そのままコピーします(デフォルト)。

Google スプレッドシート

Excel・CSV・TSV のファイルから Google スプレッドシートへ変換します。

コピー元のファイルが、Excel・CSV・TSV 以外の場合は、変換に失敗します。

Google ドキュメント

Word・テキスト・画像のファイルから Google ドキュメントへ変換します。

コピー元のファイルが、Word・テキスト・画像以外の場合は、変換に失敗します。

この情報は役に立ちましたか?