ブロックリファレンス

BLOCKS Reference

BigQuery

DataEditor へ登録【ベータ版】

概要

このブロックは、BigQuery のテーブルを DataEditor へ更新・追加するブロックです。

DataEditor へ登録【ベータ版】の概念図

同じ名前のデータが DataEditor に登録されている場合はテーブルを更新し、新規の名前の場合はテーブルを追加します。

このブロックは、BigQuery のテーブルデータを DataEditor で管理・運用したい場合に使用します。DataEditor を利用することで、BigQuery に関する専門的な知識不要でデータの管理・運用ができます。

このブロックはベータ版です。正式版リリース後、本ブロックは利用できなくなる可能性があります。ご注意ください。正式版リリース後は、正式版のブロックをご利用ください。

また、ベータ版での提供となるため、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。機能改善や不具合などのフィードバックは、「お問い合わせ」で情報提供をお願いします。フィードバックの内容は MAGELLAN BLOCKS の品質向上のために利用いたします。

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名

編集パネルに配置した当該ブロックの表示名が変更できます。

ブロックリストパネル中のブロック名は変更されません。

GCP サービスアカウント

このブロックで使用する GCP サービスアカウントを選択します。

名前

BigQuery のテーブルを DataEditor へ更新・追加するときの DataEditor での名前を指定します。

同じ名前のデータが DataEditor に登録されている場合はテーブルを更新し、新規の名前の場合はテーブルを追加します。

変数展開の指定が可能][% 形式の文字列書式の指定が可能]
データセット

DataEditor に追加(更新)する BigQuery のテーブルのデータセットを指定します。

変数展開の指定が可能][% 形式の文字列書式の指定が可能]
テーブル

DataEditor に追加(更新)する BigQuery のテーブルを指定します。

変数展開の指定が可能][% 形式の文字列書式の指定が可能]
ブロックメモ このブロックに関するメモが記載できます。このブロックの処理に影響しません。

この情報は役に立ちましたか?