ブロックリファレンス

BLOCKS Reference

基本

Slack 通知

概要

このブロックは、単一のメッセージを Slack のチャンネルへ通知します。

Slack 通知ブロックの概念図

このブロックを使うと、フロー処理中の任意のタイミングで、その状況を知らせるメッセージを Slack のチャンネルに通知できます。

複数のメッセージを Slack の複数チャンネルへ並列に通知したい場合は、「変数指定による Slack 通知」ブロックを使用します。

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名

編集パネルに配置した当該ブロックの表示名が変更できます。

ブロックリストパネル中のブロック名は変更されません。

Webhook URL

メッセージの送信先となる Slack ワークスペースの Incoming Webhook URL を指定します。

チャンネル

Slack で通知するときのチャンネルを指定します。省略した場合は、Webhook 取得時のチャンネルが使用されます。

変数展開の指定が可能][% 形式の文字列書式の指定が可能]
Slack 表示名

Slack で通知するときのユーザー名を指定します。省略した場合は、Webhook 取得時のユーザー名が使用されます。

変数展開の指定が可能][% 形式の文字列書式の指定が可能]
アイコン

Slack で通知するときのアイコン絵文字を指定します。省略した場合は、Webhook 取得時のアイコンが使用されます。

変数展開の指定が可能][% 形式の文字列書式の指定が可能]
通知メッセージ

Slack で通知するときのメッセージを指定します。

変数展開の指定が可能][% 形式の文字列書式の指定が可能]
ブロックメモ このブロックに関するメモが記載できます。このブロックの処理に影響しません。

この情報は役に立ちましたか?