ブロックリファレンス

BLOCKS Reference

基本

ジョブ起動

概要

このブロックは、指定したフローを実行します。フローの指定において、このブロックを含む自身のフローは指定できません(実行できません)。

ジョブ起動ブロックの概念図
(図をクリックすると拡大表示されます。)

このブロックから起動されたフローは、起動元のフローから以下の情報を継承します。

  • フローの実行予定日時
  • 以下のフロー実行内変数
    • _execute_user_id:フローを実行したユーザーのID
    • _execute_user_name:フローを実行したユーザーの名前
  • 指定された変数

フローの実行予定日時は、定期実行・手動実行・外部実行で異なります。

  • 定期実行されるフロー:[フローの開始]ブロックの[開始時間]プロパティの時間です。
  • 手動実行されるフロー:フローの手動実行をMAGELLAN BLOCKSが受け付けた時間です。
  • 外部実行されるフロー:パラメーターtarget_timeに指定された時間です。

本ブロックの使用にあたっては、以下の点に留意してください。

フローの実行がループする様子

上図のようにあるフロー(フローA)のジョブ起動ブロックから別のフロー(フローB)を指定し、フローBからジョブ起動ブロックを使ってフローAを指定すると、フローの実行が無限に繰り返されてしまいます(無限ループ)。この例では、単純な 2つのフローで解説しましたが、3つ以上のフローでもジョブ起動ブロックの使い方次第では同様のケースに陥ってしまいます。

ジョブ起動ブロックの使用にあたっては、無限ループに陥らないように気をつけてください。

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名

ブロックの名前を指定します。ブロックに表示されます。

ID

実行するフローのIDを指定します。

このブロックを含む自身のフローのIDは指定できません(実行できません)。

フローのIDは、フローリストで設定します。このブロックで実行させたいフローには、フローのIDを設定してください。

変数展開の指定が可能][%形式の文字列書式の指定が可能]
スキップ

フロー実行時に、このブロックをスキップするかしないかを指定します。

  • check_box_outline_blank:このブロックをスキップしない(実行する)
  • check_box:このブロックをスキップする(実行しない)
ブロックメモ

ブロックに対するコメントを指定します。

起動するジョブに委譲する変数名

起動されたジョブで参照させたい変数を指定します。複数の変数が指定できます。

変数名にドット(.)は指定できません。foo.barのようなfooオブジェクトのキーを変数として、起動されたジョブに渡すことはできません。

  • [+]ボタンクリックで、変数を追加
    複数指定する場合は、個数分[+]ボタンをクリックして追加
  • [ー]ボタンクリックで、変数を削除

この情報は役に立ちましたか?