ブロックリファレンス

BLOCKS Reference

基本

変数指定による Slack 通知

概要

このブロックは、複数のメッセージを Slack の複数チャンネルへ並列に通知します。

変数指定による Slack 通知ブロックの動作概念図

変数に格納された複数のメッセージ情報(通知先やメッセージなど)を読み取り、各メッセージの情報を元に Slack ワークスペース内の各チャンネルにメッセージを並列に通知します。

変数に格納された複数のメッセージ情報(通知先やメッセージなど)について詳しくは、「通知設定を格納する変数名」プロパティの説明を参照願います。

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名

編集パネルに配置した当該ブロックの表示名が変更できます。

ブロックリストパネル中のブロック名は変更されません。

Webhook URL

メッセージの送信先となる Slack ワークスペースの Incoming Webhook URL を指定します。

変数展開% 形式の文字列書式の指定が可能です(例:${webhook_url})。

通知設定を格納する変数名

通知したいメッセージ情報を格納した変数を指定します。

通知したいメッセージ情報は、オブジェクトの配列として変数に格納します。オブジェクトが通知先や通知メッセージの情報を持ち、並列に送りたいメッセージの数分用意します。

変数に配列ではなく、オブジェクトのみが格納されていた場合、そのオブジェクトを 1 つだけ持つ配列と見なして正常に扱います。また空配列の場合は、通知が行われません(エラーとはなりません)。

オブジェクトの形式は、以下のとおりです。

Key Type Value
channel String 送信先のチャンネル名(@ 指定による特定ユーザーも指定可)
username String メッセージの送信元として表示するユーザー名
icon String メッセージ送信元として表示するアイコン(Slack の :emoji: 記法を利用)
message String 通知するメッセージ本文

以下は、オブジェクト生成ブロックを使った通知したいメッセージ情報の例です。

通知メッセージの例
ブロックメモ

本ブロックに関するメモが記載できます。本ブロックの処理に影響しません。

この情報は役に立ちましたか?