ブロックリファレンス

BLOCKS Reference

GCP

GCS マルチファイルコピー

概要

このブロックは、Google Cloud Storage(GCS)上のファイル群をコピーします。フォルダー(末尾が / で終わるもの)のコピーはできません。

異なるバケットへのコピーもできます(ストレージクラスやロケーションが異なっていても可)。

コピー先ファイルが既に存在する場合は、そのファイルはコピー元ファイルで上書きされます。

コピー元バケットとコピー先バケットの GCP プロジェクトが異なる場合は、このブロックで使用する GCP サービスアカウントのメールアカウントに対して、コピー元ファイルの読み込み権限とコピー先バケットの書き込み権限を付与しておく必要があります。

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名 ブロックの名前を指定します。ブロックに表示されます。
GCP サービスアカウント このブロックで使用する GCP サービスアカウントを選択します。
コピー元ファイルの GCS URL 群を持つ変数

コピー元ファイルの GCS URL 群を持つ変数を指定します。フォルダー(末尾が / で終わるもの)のコピーはできません。

コピー元ファイルの GCS URL 群は、文字列か配列で指定します。それ以外の形式のデータを指定するとエラーとなります。

  • 文字列の場合は、単一ファイルのみの指定となります。
    例:
    "gs://my-bucket/sample.csv"
  • 配列の場合は、以下のように指定します。
    例:
    [
      "gs://my-bucket/foo.jpg",
      "gs://my-bucket/bar/baz.jpg",
      "gs://my-bucket/xxx/yyy/zzz.jpg"
    ]
    

下図のように「GCS からファイルリスト取得」ブロックと組み合わせて使用すると便利です。

使用例
コピー先ファイルの GCS URL

コピー先ファイルの GCS URL を指定します。コピー先ファイルが既に存在する場合は、そのファイルはコピー元ファイルで上書きされます。

  • 例:gs://my-bucket/dest/

コピー先ファイルに存在しないフォルダーが指定された場合は、そのフォルダーは自動で作成されます。

ブロックメモ ブロックに対するコメントを指定します。