ブロックリファレンス

BLOCKS Reference

G Suite

Google ドライブのアイテムを検索

概要

このブロックは、Google ドライブ上のアイテム(ファイルやフォルダー)の一覧をログへ出力します。

以下にログへ出力されるアイテム一覧の例を示します。

info : Number of results: 2
info :   example01 (Google Sheets)  https://drive.google.com/open?id=1_qpai0jh0AFauD5CGFvfx-flTQXf1l1zqpj0Q1ITVXY 
info :   Getting started (PDF)  https://drive.google.com/open?id=0B1uw5xAKpuEac3RhcnRlcl9maWxl 
  • 一覧の対象となるアイテムは、指定の GCP サービスアカウントでアクセス可能なもののみです。
    • 特定フォルダー内のアイテムのみを出力の対象にできます。
    • アイテム名の一部に一致したものだけを出力の対象にできます。
  • Number of results は、アイテムの個数です。
  • 各アイテムは、「アイテム名(アイテムの種類)アイテム URL」という形式で出力されます。
    • アイテム URL は、マウスクリックでそのアイテムを開けます(クリックしたユーザーに対し適切なアクセス権が必要)。

既存の Google ドライブ上のアイテム(G Suite ブロック以外で作成・保存したアイテム)も対象とする場合は、GCP サービスアカウントのメールアドレスでそのアイテムを共有しておく必要があります。GCP サービスアカウントのメールアドレスは、フローデザイナーの設定の GCP サービスアカウントで確認できます。

セルフサービスプラン(無料トライアル含む)の場合は、このブロックを使用する前に、Google Drive API を有効にしてください。詳しくは、「基本操作ガイド > ヒント > Google API を有効にする」を参照してください。

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名 ブロックの名前を指定します。ブロックに表示されます。
GCP サービスアカウント このブロックで使用する GCP サービスアカウントを選択します。
親フォルダー名 特定のフォルダー内にあるアイテムの一覧を出力したいときに、そのフォルダーを指定します。
アイテム名

指定した文字列を含むアイテム名のみの一覧を出力したいときに指定します。

指定した文字列を含むか含まないかは、前方一致で判断されます。GettingStarted というアイテム名の場合、Getting は一致しますが、Started は一致しません。

ブロックメモ ブロックに対するコメントを指定します。
結果を格納する変数

アイテムの検索結果を格納する変数を指定します。

アイテムの検索結果は、URL の配列です。

並び順

検索結果の並び順を以下から選択します。この並び順は、ログ出力と結果を格納する変数に影響します。

最終更新 アイテムが最終更新(日時)の昇順に並びます。
最終更新(GCP サービスアカウント) アイテムが最終更新(日時)の昇順に並びます(選択した GCP サービスアカウント自身が行った日時)。
作成日時 アイテムが作成日時の昇順に並びます。
作成日時(降順) アイテムが作成日時の降順に並びます。