ブロックリファレンス

BLOCKS Reference

Box

Box から GCS へファイルをコピー(ベータ版)

概要

このブロックは、Box 上のファイルを Google Cloud Storage(GCS)へコピーします。Box 上の大規模なファイルを BLOCKS で扱うのに向いています。

Box から変数へロード(ベータ版)」ブロックは、フローデザイナーのメモリの使用量の制限により、大規模なファイルの扱いは困難です。Box 上の大規模なファイルを扱う場合は、本ブロックの利用をおすすめします。

このブロックはベータ版です。正式版リリース後、本ブロックは利用できなくなる可能性があります。ご注意ください。正式版リリース後は、正式版のブロックをご利用ください。

ベータ版での提供となるため、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。機能改善や不具合などのフィードバックは、「お問い合わせ」で情報提供をお願いします。フィードバックの内容は MAGELLAN BLOCKS の品質向上のために利用いたします。

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名 ブロックの名前を指定します。ブロックに表示されます。
Box サービスアカウント

Box アカウントを選択します。

Box サービスアカウントは、あらかじめフローデザイナーの設定Box サービスアカウントで設定を済ませておく必要があります。

ユーザーID

Box サービスアカウントのユーザー ID を指定します。

Box サービスアカウント(Box アプリ)のアプリケーションアクセスがアプリケーションの場合は、何も入力しないでください。

Box サービスアカウントのユーザー ID は、Box 開発者コンソール から Box アプリを選択し、General のアプリ情報から確認できます。

Box 開発者コンソールのユーザー ID

※画像をクリックすると画像が拡大して表示されます。

コピー元の Box のファイルパス

GCS へコピーしたい Box 上のファイル位置を以下の形式で指定します。

  • /ファイル
  • /フォルダー/ファイル

先頭の / は、Box の「すべてのファイル」ページを示します。フォルダー名とファイル名の間にある / は、フォルダー名とファイル名を切り分けるための区切り文字です。

/ファイル は、Box の「すべてのファイル」ページに表示されているファイルを指定する場合の形式です。「すべてのファイル」ページに表示されているファイル sample.png を指定する場合は、/sample.png とします。

/フォルダー/ファイル は、フォルダー内にあるファイルを指定する場合の形式です。「すべてのファイル」ページに表示されている BLOCKS というフォルダーの中にあるファイル sample.png を指定する場合は、/BLOCKS/sample.png とします。

フォルダーが入れ子になっている場合は、/フォルダー 1/フォルダー 2/ファイル のような形式で指定します。
フォルダー A の中にフォルダー B があり、そのフォルダー B の中にあるファイル sample.png を指定する場合は、/A/B/sample.png とします。

GCP サービスアカウント このブロックで使用する GCP サービスアカウントを選択します。
コピー先の GCS の URL

Box 上のファイルをコピーしたい GCS 上の位置を以下のいずれかの形式で指定します。

  • gs://バケット/フォルダー1/フォルダー2/ファイル
  • gs://バケット/フォルダー1/フォルダー2/

GCS 上に同名のファイルがある場合は、エラーとなり上書きできません。同名のファイルを上書きしたい場合は、[GCS にファイルが存在する場合に上書き]プロパティを使います。

URL の補足:
  • gs:// の入力は不要
  • バケット名以降の入力は必須
  • フォルダー名は、ファイルを配置したいフォルダー構造に合わせて指定(存在しないフォルダーが指定された場合は、そのフォルダーは自動で作成)
  • 末尾が / で終わる場合はフォルダーの指定と見なし、[コピー元の Box のファイルパス]プロパティで指定されたファイル名(フォルダー名を除く)を補完
GCS にファイルが存在する場合に上書き

このチェックボックスにチェックを付けると、GCS 上に同名のファイルが存在すると上書きします。

このチェックボックスにチェックが付いていない状態で、GCS 上に同名のファイルが存在するとエラーとなります。

ブロックメモ ブロックに対するコメントを指定します。
バッファサイズ(KiB)

Box から GCS へファイルをコピーする際に使用するバッファ(データを一時的にメモリーに蓄えておく)の大きさを KiB(キビバイト / 1 キビバイト = 1024 バイト)で指定します。

ファイルのコピーは、Box ファイルの内容を一度バッファに読み込み、GCS へ書き込みます。このため、Box ファイルの大きさがバッファサイズよりも大きければ、複数回のバッファへの読み込みと GCS への書き込みが行われます。

指定可能な値は、1 から 16384 までです。

Box からのダウンロードの最大リトライ回数

Box ファイルをバッファへ読み込む際にエラーとなった場合、最大何回までバッファへの読み込みをリトライするかを指定します。

指定可能な値は、0 以上の整数です。

GCS へのアップロードの最大リトライ回数

バッファから GCS へ書き込む際にエラーとなった場合、最大何回までバッファから GCS への書き込みをリトライするかを指定します。

指定可能な値は、0 以上の整数です。