ブロックリファレンス

BLOCKS Reference

Google Cloud

GCS からファイルリスト取得

概要

このブロックは、Google Cloud Storage(GCS)上の特定バケット内のファイル一覧(ファイルリスト)を取得して変数に格納します。

GCS からファイルリスト取得ブロックの概念図

ファイルリストは、以下のような配列データで格納されます。

[
  "gs://my-bucket/foo.jpg",
  "gs://my-bucket/bar/baz.jpg",
  "gs://my-bucket/xxx/yyy/zzz.jpg"
]

このブロックの出力結果(変数)は、「モデルジェネレーター予測(オンライン)」ブロックを使った画像分類の予測因子データとして使えます(下図参照)。

利用例

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名

編集パネルに配置した当該ブロックの表示名が変更できます。

ブロックリストパネル中のブロック名は変更されません。

GCPサービスアカウント このブロックで使用する GCP サービスアカウントを選択します。
ファイル GCS URL

GCS 上のファイル一覧を取得するためのパターンを指定します。ファイル一覧には、このパターンにマッチしたファイルのみが含まれます。パターンのマッチングは、階層構造化されたフォルダー内の全てのファイルに対して行います。

パターンの指定形式は、以下のとおりです。

gs://バケット/ファイルパターン
  • GCS URL の形式で指定します。
  • バケットは必須です。
  • ファイルパターンの指定には、任意の文字列にマッチする記号 * を使用します。

以下に、ファイルパターンの例をいくつか示します。

説明
gs://my-bucket/* バケット my-bucket 内の全てのファイルにマッチします。
gs://my-bucket/*.jpg バケット my-bucket 内の拡張子が .jpg である全てのファイルにマッチします。
gs://my-bucket/*training* バケット my-bucket 内のファイル名もしくはフォルダ名に、training という文字列を含むすべてのファイルにマッチします。
変数展開の指定が可能][% 形式の文字列書式の指定が可能]
結果を格納する変数

ファイルリストを格納する変数を指定します。ファイルリストは、以下のような配列データで格納されます。

[
  "gs://my-bucket/foo.jpg",
  "gs://my-bucket/bar/baz.jpg",
  "gs://my-bucket/xxx/yyy/zzz.jpg"
]
ブロックメモ このブロックに関するメモが記載できます。このブロックの処理に影響しません。

この情報は役に立ちましたか?