ブロックリファレンス

BLOCKS Reference

Google Drive(旧:G Suite)

クエリーの結果からスプレッドシートを更新【アルファ版】

このブロックはアルファ版です。利用にあたっては利用申請が必要です。提供している機能は完全でない場合があり、下位互換性のない変更を加える可能性もあります。このため、テスト環境での使用に適しています。利用申請/機能改善の要望/不具合の報告などは、MAGELLAN BLOCKS のお問い合わせ機能からお願いします。

概要

このブロックは、クエリーの結果から Google ドライブのスプレッドシート内のワークシート内容を更新します(ワークシートの追加も可能)。

クエリーの結果からスプレッドシートを更新ブロックの概念図
(図をクリックすると拡大表示されます。)

既存の Google ドライブ上のファイル(Google Drive カテゴリーのブロック以外で作成・保存したファイル)も対象とする場合は、GCP サービスアカウントのメールアドレスでそのファイルを共有しておく必要があります。GCP サービスアカウントのメールアドレスは、フローデザイナーの設定の GCP サービスアカウントで確認できます。

セルフサービスプラン(無料トライアル含む)の場合は、このブロックを使用する前に、Google Sheets API と Google Drive API を有効にしてください。詳しくは、「基本操作ガイド > ヒント > Google API を有効にする」を参照してください。

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名

編集パネルに配置した当該ブロックの表示名が変更できます。

ブロックリストパネル中のブロック名は変更されません。

GCP サービスアカウント このブロックで使用する GCP サービスアカウントを選択します。
ファイル名

更新するスプレッドシートのファイル名を指定します。

更新するファイルが存在しない場合は、指定されたファイル名でスプレッドシートが作成されます。

ファイルへの URL も指定可能です。URL は、共有リンクおよびファイルの URL(ウェブブラウザーのアドレス欄に表示)のどちらも指定可能です。

変数展開の指定が可能]
ワークシート名

更新するシート名を指定します。

指定したワークシート名が存在しない場合は、指定したワークシート名でワークシートを最後尾に追加します。

変数展開の指定が可能][% 形式の文字列書式の指定が可能]
開始セル(A1 形式)

データを書き出すセルの位置を A1 形式で指定します。空欄の場合は、セル A1 が指定されたと見なします。

A1:D10 のような範囲指定もできます。例えば、B2:D5と指定した場合、セル B2 からセル D5 までの範囲(下図赤枠の部分)にデータを書き出します。書き込むデータがこの範囲より大きい場合は、エラーとなりこのブロックの処理は失敗します。

範囲指定の例
開始セルを基点に全てのセルをクリアする

このチェックボックスにチェックを入れると、[開始セル(A1 形式)]に指定されたセルを左上隅とした矩形領域のデータをクリアしたうえで、データを書き出します。

開始セルを基点に全てのセルをクリアするプロパティの解説図

上図例では、青色部分のデータがクリア対象です(画面外のデータも含む)。

クエリー

スプレッドシートの入力となるクエリーを指定します。

クエリ接頭辞 #legacySQL / #standardSQL)を指定すると、[SQL 文法]プロパティの指定に関わらず、クエリ接頭辞に指定した SQL 文法でクエリーが実行されます。

をクリックすると、指定されたクエリーをクリップボードへコピーします。コピーの際、フロー間共通変数は、設定値に置き換わります。フロー間共通変数を置き換えたくない場合は、ウェブブラウザーのコピー機能を利用してください(例:コピーしたい部分を範囲選択して、マウスの右ボタンクリックで表示されるメニューから「コピー」をクリック)。

  • 変数展開の指定が可能
  • % 形式の文字列書式の指定が可能

    クエリー内の % 形式の文字列書式を有効にする]プロパティのチェックボックスにチェックが付いているときのみ有効です。

    %Y や %m などの % 形式の文字列書式を BigQuery にそのまま渡したい場合は、% の部分を %% としてください。例えば、%Y や %m の場合は、%%Y、%%m とします。BLOCKS により %% が % へ変換され、%Y、%m が BigQuery に渡ります。

クエリー内の % 形式の文字列書式を有効にする

クエリー内の % 形式の文字列書式を有効にするかしないかを指定します。

  • チェックボックスオン:クエリー内の % 形式の文字列書式が有効
  • チェックボックスオフ:クエリー内の % 形式の文字列書式が無効

クエリー内で FORMAT_TIMESTAMP 関数 や PARSE_TIMESTAMP 関数などのように % を含む「形式設定文字列 」を使う場合は、%%% に置き換える必要がなくなるため、このチェックをオフにすると便利です。

ブロックメモ このブロックに関するメモが記載できます。このブロックの処理に影響しません。
親フォルダ名 データを更新するスプレッドシートが存在するフォルダーを特定したいときに指定します。同名のスプレッドシートが複数のフォルダーに存在するときに使用します。
ヘッダー行を出力する

ヘッダー行を出力するかしないかを指定します。

  • ヘッダー行を出力する場合は、チェックを付けます。
  • ヘッダー行を出力しない場合は、チェックを外す。
出力するキー

出力データの変数]に格納されたデータの内、ここで指定したキーに対するデータのみを出力します。列の並びはここで指定されたキーの順番になります。

キーは、[]ボタンをクリックして追加します。

共有相手

共有する相手を選択します。

  • [特定のユーザー]: 特定のユーザーと共有します。
  • [グループ]: 特定の Google グループと共有します。
  • [ドメイン]: 特定の Google Workspace ドメインと共有します。
  • [ウェブ上で一般公開]: 誰でもアイテムにアクセスできるようにします。
付与する権限

共有する相手に付与する権限を選択します。

  • [編集]: アイテムの編集ができます。
  • [閲覧(コメント可)]: アイテムの閲覧とコメントができます。
  • [閲覧]: アイテムの閲覧のみができます。
E メールアドレス

共有相手として [特定のユーザー][グループ] を選択した場合に、メールアドレスを指定します。

メールアドレスは、カンマ(,)区切りで複数のメールアドレスを列挙できます(例:foo@example.jp, bar@example.jp, baz@example.jp)。

  • [特定のユーザー]: ユーザーのメールアドレスを指定します。
  • [グループ]: Google グループのメールアドレスを指定します。
変数展開の指定が可能][% 形式の文字列書式の指定が可能]
ドメイン

共有相手として [ドメイン] を選択した場合に、共有相手の Google Workspace ドメインを指定します。

変数展開の指定が可能][% 形式の文字列書式の指定が可能]
ファイル検索で検出を許可する

共有する相手として [ドメイン][ウェブ上で一般公開] を選択した場合に、ファイル検索でアイテムの検出を許可するかしないかを指定します。

  • アイテムの検出を許可するときはチェックを付けます。
  • アイテムの検出を許可しないときはチェックを外します。
更新完了を待つ最大時間

スプレッドシートの更新が完了(最終更新日時が更新)するまで待つ最大時間を秒単位で指定します。

クエリー文をログへ出力

クエリー文をログへ出力するかどうかの指定です。ログに出力するクエリー文は、変数が展開されて出力されます。

クエリー文をログへ出力する場合は、チェックボックスにチェックを入れてください。

この情報は役に立ちましたか?