ブロックリファレンス

BLOCKS Reference

Google Maps

経緯度のタイムゾーンを取得【アルファ版】

このブロックはアルファ版です。利用にあたっては利用申請が必要です。提供している機能は完全でない場合があり、下位互換性のない変更を加える可能性もあります。このため、テスト環境での使用に適しています。利用申請/機能改善の要望/不具合の報告などは、MAGELLAN BLOCKS のお問い合わせ機能からお願いします。

概要

このブロックは、Google Maps Platform の Time Zone API を使って、特定の経緯度のタイムゾーンを取得します。

経緯度のタイムゾーンを取得ブロックの概念図

(画像をクリックすると拡大表示されます。)

セルフサービスプランの場合は、利用する GCP プロジェクトにおいて、Time Zone API を有効化する必要があります。

このブロックは、Google Maps Platform の Geocoding API を利用しているため、その利用量に応じた料金が別途発生します(従量課金制)。料金について詳しくは、Google Maps Platform 料金表 のプレイス - Time Zone API の項を参照願います。

MAGELLAN BLOCKS では、利用する機能に合わせて、さまざまな API を利用しています。これらについても利用量に応じた料金が発生します。

  • データ保存先(Google Cloud Storage や BigQuery など)の操作:Google Cloud Platform の API
  • 機械学習の各機能:AI Platform の API

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名

編集パネルに配置した当該ブロックの表示名が変更できます。

ブロックリストパネル中のブロック名は変更されません。

GCP API キー

このブロックで利用する Google Maps Platform API に必要な GCP の API キーを指定します。

GCP API キーは、次の手順で作成します。

  1. Google Cloud Platform コンソール へ移動します。
  2. プロジェクトを選択します。
  3. 画面上部にある[認証情報を作成]ボタンをクリックします。
  4. API キーを選択します。
経緯度が格納された変数

タイムゾーンを取得したい経緯度が格納された変数を指定します。

変数値は、オブジェクトもしくはオブジェクトの配列で準備します。オブジェクトの形式は、以下の通りです。

{
  "location": 経緯度
}
キー
location 文字列

緯度・経度の順で、カンマ区切りで指定します(例:"35.710063,139.8107")。

以下は、オブジェクトをオブジェクト生成ブロックで指定した例です。

オブジェクトをオブジェクト生成ブロックで指定する例

(画像をクリックすると拡大表示されます。)

このケースの場合は、このプロパティに _ を指定します。

オブジェクトの配列の場合は、以下のように指定します。

オブジェクトの配列をオブジェクト生成ブロックで指定する例

(画像をクリックすると拡大表示されます。)

このケースの場合は、このプロパティに _.locations を指定します。

結果を格納する変数

取得したタイムゾーンが格納される変数を指定します。

この変数には、以下に示すキーを含んだオブジェクトの配列が格納されます。

キー 説明
offset

指定された経緯度の UTC からのオフセットです(単位:秒)。

timezone

「Asia/Tokyo」や「America/Los_Angeles」などのタイムゾーン ID を含む文字列です。 この ID は、Unicode CLDR Project によって定義され、ファイル timezone.xml で参照できます。タイムゾーンに複数の ID がある場合、正規の ID が返されます。

経緯度が複数指定された場合は、指定された順序で各タイムゾーン情報が格納されます。

以下は、格納されたオブジェクトの配列の例です。

[
  {
    "offset": 32400,
    "timezone": "Asia/Tokyo"
  },
  {
    "offset": 3600,
    "timezone": "Europe/Paris"
  }
]
ブロックメモ このブロックに関するメモが記載できます。このブロックの処理に影響しません。

この情報は役に立ちましたか?