ブロックリファレンス

BLOCKS Reference

API

HTTP GET

概要

このブロックは、指定された URL(HTTP サーバー)へ、HTTP の GET メソッドを使って要求(リクエスト)を送り、応答(レスポンス)としてリソース(データ)を取得します。

HTTP GET ブロックの概念図

リクエストには、任意のクエリーパラメーター リクエストヘッダー を含められます。

レスポンスは、変数に格納できます。

本ブロックを使うことで、HTTP GET メソッドの Web API との連携が可能です。

レスポンスの "HTTP Status" が 400 番台、500 番台の時は、ブロックの実行が失敗します。

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名

編集パネルに配置した当該ブロックの表示名が変更できます。

ブロックリストパネル中のブロック名は変更されません。

URL リクエストする URL を指定します。
クエリーパラメーター

クエリーパラメーター を指定します。キーとバリューの組み合わせで指定します。

以下は、設定例です。

クエリーパラメーターの設定例
バリューのみ:
変数展開の指定が可能][% 形式の文字列書式の指定が可能]
ブロックメモ このブロックに関するメモが記載できます。このブロックの処理に影響しません。
エラー時の繰り返し回数 リクエストエラー時の繰り返し回数を指定します。
繰り返し間隔 リクエストエラー時の繰り返し間隔を秒単位で指定します。
レスポンスを格納する変数

HTTP サーバーが返すレスポンスを格納する変数を指定します。

変数に格納する値は、レスポンスのメッセージ・ボティのみです。レスポンスの「Content-Type」ヘッダーが「application/json」の場合は、メッセージ・ボディをデコードした結果を変数に格納します。

詳細については、「出力仕様 > HTTP GET / HTTP POST / HTTP PUT」を参照してください。

リクエストヘッダー

リクエストヘッダー を指定します。キーとバリューの組み合わせで指定します。

以下は、設定例です。

リクエストヘッダーの設定例
バリューのみ:
変数展開の指定が可能][% 形式の文字列書式の指定が可能]

この情報は役に立ちましたか?