ブロックリファレンス

BLOCKS Reference

機械学習

テキスト翻訳

概要

このブロックは、Cloud Translation API を使用して、テキストデータを翻訳します。

音声認識ブロックの次にこのブロックをつなげた場合は、音声認識ブロックの変換結果を翻訳します。ただし、音声認識ブロックの「結果を格納する変数」プロパティとテキスト分析ブロックの「テキストを参照する変数」プロパティの値を合わせてください。

セルフサービスプランの場合は、このブロックを使用する前に、Cloud Translation API を有効にしてください。詳しくは、「基本操作ガイド > ヒント > Google API を有効にする」を参照してください。

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名

編集パネルに配置した当該ブロックの表示名が変更できます。

ブロックリストパネル中のブロック名は変更されません。

GCP API キー

このブロックで使用する GCP API キーを指定します。

GCP API キーは、次の手順で作成します。

  1. Google Cloud Platform コンソール へ移動します。
  2. プロジェクトを選択します。
  3. [認証情報を作成] ボタンをクリックします。
  4. API キーを選択します。
テキストを参照する変数

翻訳するテキストデータを参照する変数を指定します。翻訳するテキストデータの言語は、自動的に識別します。

言語は、中国語、英語、ヒンディー語、スペイン語、アラビア語、韓国語などの多くの言語に対応しています。

対応言語の一覧は、Google の 言語サポート のページを参照してください。

翻訳先の言語

翻訳先の言語を指定します。

言語は、中国語、英語、ヒンディー語、スペイン語、アラビア語、韓国語などの多くの言語に対応しています。

対応言語の一覧は、Google の 言語サポート のページを参照してください。

結果を格納する変数 翻訳結果を格納する変数を指定します。
ブロックメモ このブロックに関するメモが記載できます。このブロックの処理に影響しません。

この情報は役に立ちましたか?