ブロックリファレンス

BLOCKS Reference

Google Drive(旧:G Suite)

スプレッドシートからテーブルへロード

概要

このブロックは、Google スプレッドシート のデータを BigQuery テーブルに格納(ロード)します。

スプレッドシートからテーブルへロードの概念図

このブロックを使うことで、Google スプレッドシート経由で BigQuery データの作成・更新ができます。また、BigQuery データを入力として処理するブロック(DataEditor へ登録【ベータ版】や最適化系のブロックなど)と連携させると簡単にデータが用意ができて便利です。

info_outline 留意事項:
  • ロードするデータは、先頭のワークシートもしくは指定されたワークシート内のデータが対象です。複数のワークシートにまたがるデータを一度にロードできません。
  • ロードするスプレッドシートは、指定する GCP サービスアカウントのメールアドレスで共有しておく必要があります。GCP サービスアカウントのメールアドレスは、フローデザイナー設定機能GCP サービスアカウントで確認できます

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名

編集パネルに配置した当該ブロックの表示名が変更できます。

ブロックリストパネル中のブロック名は変更されません。

GCP サービスアカウント

このブロックで使用する GCP サービスアカウントを選択します。

ファイル URL

スプレッドシートの URL を以下の形式で指定します。

  • https://docs.google.com/spreadsheets/d/[file_id]

上記スプレッドシートの URL を取得するには、Google ドライブ上のスプレッドシートを右クリックし、「リンクを取得」を選択します。

変数展開の指定が可能]
投入先のデータセット

データをロードする BigQuery テーブルのデータセットを指定します。

変数展開の指定が可能][% 形式の文字列書式の指定が可能]
投入先のテーブル

データをロードする BigQuery テーブルを指定します。

変数展開の指定が可能][% 形式の文字列書式の指定が可能]
スキーマ設定をデータから自動生成する

ロード対象のワークシート内データがヘッダー(各カラムの名前)付きの場合、その内容から BigQuery テーブルの スキーマ (テーブルの構造)の自動生成ができます。

スキーマを自動生成する場合は、チェックボックスにチェックを付けます。

このプロパティにチェックを付けると、[スキーマ設定]プロパティは使用できません。

ヘッダーなしでもスキーマの自動生成はできます。この場合のカラム名は、string_field_0int64_field_1double_field_2 などのような形式で自動生成されます。このようなカラム名の自動生成を避けたい場合は、「スキーマ設定」プロパティを使って手動でスキーマを設定してください。

スキーマ設定

BigQuery テーブルのスキーマを手動で設定する場合に指定します。

スキーマ設定をデータから自動生成する」プロパティにチェックが付いているときは指定できません。

description キーは指定されても消去されます。

空でないテーブルが存在したとき

空でないテーブルが存在したときに、データを BigQuery テーブルへどのようにロードするかを選択します。選択肢は以下のとおりです。

  • 追加
  • 上書き
  • エラー
ブロックメモ このブロックに関するメモが記載できます。このブロックの処理に影響しません。
ワークシート名

BigQuery テーブルにロードするスプレッドシート内のワークシートの名前を指定します。

空欄の場合は、先頭のワークシートの内容が BigQuery テーブルへロードされます。

変数展開の指定が可能]
開始セル(A1 形式)

BigQuery テーブルへロードするワークシート内データの先頭セル位置を A1 表記法で指定します。空欄の場合は、A1 が指定されたものと見なされます。

以下のような範囲指定も可能です。この場合は、指定した範囲のでデータを読み出します。

  • A1:B2
  • A:A
  • 1:2
  • A5:A
読み飛ばし行数

開始セル位置からのヘッダーの行数を指定します。ヘッダーがない場合は、0 を指定します(初期値)。

不正な行の許容数

不正な行の許容数を指定します。この行数を超える不正な行があると読み込み失敗となります。

余分なフィールドを無視する

余分な列を無視するかしないかを指定します。

エラー時の繰り返し回数

BigQuery のテーブルへロードする際のエラーやタイムアウト時の繰り返し回数を指定します。

最小タイムアウト時間

BigQuery からの応答を待つ時間(タイムアウト)を秒単位で指定します。タイムアウト時間は繰り返すごとに 2 倍の時間となります。繰り返し回数ごとに増える時間の最大値は、[最大タイムアウト時間]」プロパティで指定します。

最大タイムアウト時間

最小タイムアウト時間]プロパティの値から繰り返し回数ごとに増えるタイムアウト時間の最大値を秒単位で指定します。

この情報は役に立ちましたか?