ブロックリファレンス

BLOCKS Reference

Google Drive(旧:G Suite)

Drive から GCS へファイルをコピー【ベータ版】

このブロックはベータ版です。機能改善や不具合などの情報提供は、MAGELLAN BLOCKS のお問い合わせ機能からお願いします。

概要

このブロックは、Google ドライブ上のファイルを Google Cloud Storage(GCS)へコピーします。

Drive から GCS へファイルをコピー(アルファ版)の動作イメージ

コピーの祭、以下ファイル形式の変換も可能です。

  • Google スプレッドシートから Excel・PDF・CSV・TSV への変換が可能
  • Google ドキュメントから Word・PDF・テキストへの変換が可能

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名

編集パネルに配置した当該ブロックの表示名が変更できます。

ブロックリストパネル中のブロック名は変更されません。

GCP サービスアカウント

コピー対象の GCS と Google ドライブの両方にアクセス可能な GCP サービスアカウントを選択します。

Google ドライブに GCP サービスアカウントへのアクセスを許可するには、Google ドライブの共有機能 を使って、GCP サービスアカウントのメールアドレスを共有してください。

GCP サービスアカウントのメールアドレスは、フローデザイナーの設定機能から GCP サービスアカウント項目で確認ができます。

アイテム URL(名前可)

コピー元ファイルの URL を指定します。ファイル名での指定もできます。

URL は、共有リンクおよびファイルの URL(ウェブブラウザーのアドレス欄に表示)のどちらも指定可能です。

変数展開の指定が可能][% 形式の文字列書式の指定が可能]
コピー先の GCS の URL

GCS へコピーしたい GCS 上ファイルへの GCS URL(gs://my-bucket/my-file のような形式、ただし gs:// は不要)を指定します。

変数展開の指定が可能][% 形式の文字列書式の指定が可能]
GCS にファイルが存在する場合に上書き

このチェックボックスにチェックを入れると、コピー先に同名のファイルが存在すると、上書きします。

ブロックメモ このブロックに関するメモが記載できます。このブロックの処理に影響しません。
ファイル形式

コピー時に、ファイル形式を変換したい場合に指定します。

項目 説明
指定なし

コピー時にファイル形式の変換をせず、そのままコピーします(デフォルト)。

Microsoft Excel(.xlsx)

Googe スプレッドシートから Excel へ変換します。

コピー元のファイルが、Google スプレッドシート以外の場合は、変換に失敗します。

PDF ドキュメント(.pdf)

Googe スプレッドシートおよび GOogle ドキュメントから PDF ドキュメントへ変換します。

コピー元のファイルが、Google スプレッドシートおよび Google ドキュメント以外の場合は、変換に失敗します。

カンマ(,)区切り(.csv、最初のシート)

Googe スプレッドシートから CSV へ変換します。変換対象は、最初のシートのみです。

コピー元のファイルが、Google スプレッドシート以外の場合は、変換に失敗します。

タブ区切り(.tsv、最初のシート)

Googe スプレッドシートから TSV へ変換します。変換対象は、最初のシートのみです。

コピー元のファイルが、Google スプレッドシート以外の場合は、変換に失敗します。

Microsoft Word(.docx)

Google ドキュメントから Word へ変換します。

コピー元のファイルが、Google ドキュメント以外の場合は、変換に失敗します。

書式なしテキスト(.txt)

Google ドキュメントから書式なしテキストへ変換します。

コピー元のファイルが、Google ドキュメント以外の場合は、変換に失敗します。

ページの向き

PDF 変換時のページの向きを以下から選択します。

  • 縦方向
  • 横方向

このプロパティは、Google スプレッドシートや Google ドキュメントの印刷設定(ファイルメニューの印刷)の「ページの向き」と同様です。印刷設定で調整後、同じ値を設定すると期待通りの出力結果が得られます。

用紙サイズ

PDF 変換時の用紙サイズを以下から選択します。

  • A3 (29.7cm x 42.0cm)
  • A4 (21.0cm x 29.7cm)
  • A5 (14.8cm x 21.0cm)
  • B4 (25.0cm x 35.3cm)
  • B5 (17.6cm x 25.0cm)
  • Letter (21.6cm x 27.9cm)
  • Tabloid (27.9cm x 43.2cm)
  • Legal (21.6cm x 35.6cm)
  • Statement (14.0cm x 21.6cm)
  • Executive (18.4cm x 26.7cm)
  • Folio (21.6cm x 33.0cm)

このプロパティは、Google スプレッドシートや Google ドキュメントの印刷設定(ファイルメニューの印刷)の「用紙サイズ」と同様です。印刷設定で調整後、同じ値を設定すると期待通りの出力結果が得られます。

スケール

PDF 変換時のスケールを以下から選択します。

  • 標準 100%
  • 幅に合わせる
  • 高さに合わせる
  • ページに合わせる

このプロパティは、Google スプレッドシートや Google ドキュメントの印刷設定(ファイルメニューの印刷)の「スケール」と同様です。印刷設定で調整後、同じ値を設定すると期待通りの出力結果が得られます。

余白

PDF 変換時の余白を以下から選択します。カスタム数値を選択した場合は、上下左右の余白を個別に指定します(単位:cm)。

  • 標準:(上 1.905cm・下 1.905cm・左 1.778cm・右 1.778cm)
  • 狭い:(上 1.905cm・下 1.905cm・左 0.635cm・右 0.635cm)
  • 広い:(上 2.54cm・下 2.54cm・左 2.54cm・右 2.54cm)
  • カスタム数値

このプロパティは、Google スプレッドシートや Google ドキュメントの印刷設定(ファイルメニューの印刷)の「余白」と同様です。印刷設定で調整後、同じ値を設定すると期待通りの出力結果が得られます。

行と列の見出し

PDF 変換時に、固定行や固定列を繰り返すかどうかを設定します。それぞれのチェックボックスをオンにすると繰り返します。

このプロパティは、Google スプレッドシートや Google ドキュメントの印刷設定(ファイルメニューの印刷)の「行と列の見出し」と同様です。印刷設定で調整後、同じ値を設定すると期待通りの出力結果が得られます。

この情報は役に立ちましたか?