ブロックリファレンス

BLOCKS Reference

Google Maps

地点間の道順を計算

概要

このブロックは、指定された地点間の最適な道順を計算します。道順の計算結果は、データとして取得可能ですが、Google マップを使った視覚的な確認もできます。

このブロックを使うと、以下のようなさまざまな要求に沿った最適な道順が取得できます。

  • 自動車や徒歩などのさまざまな移動手段での道順が知りたい
  • 有料道路や高速道路を回避した道順が知りたい
  • 過去の交通渋滞と現在の交通状況に基づいた移動時間が知りたい

本ブロックは、Google の Directions API を利用しています。このためセルフサービスプランの場合は、利用する GCP プロジェクトにおいて、Directions API を有効化しておく必要があります。

このブロックは、Google Directions API を利用しているため、他の Google Cloud Platform 各種 API の料金に加えて、その利用量に応じた料金が別途発生します(従量課金制)。

料金について詳しくは、Google Maps Platform 料金表 のルート - Directions の項を参照願います。

※ MAGELLAN BLOCKS は利用する機能に合わせて、データ保存先(Google Cloud Storage や BigQuery など)の操作で Google Cloud Platform の各種 API を、機械学習の各機能で AI Platform の各種 API を利用しており、これらについても利用量に応じた料金が発生します。

このブロックはベータ版です。正式版のリリース後は、本ブロックの利用はできなくなる可能性があります。その場合は、正式版のブロックをご利用ください。

ベータ版での提供となるため、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。機能改善や不具合などのフィードバックは、MAGELLAN BLOCKS のお問い合わせ機能より情報提供をお願いします。フィードバックの内容は MAGELLAN BLOCKS の品質向上のために利用いたします。

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名 ブロックの名前を指定します。ブロックに表示されます。
GCP API キー

このブロックで使用する GCP API キーを指定します。

GCP API キーは、次の手順で作成します。

  1. Google Cloud Platform コンソール へ移動します。
  2. プロジェクトを選択します。
  3. 画面上部にある[認証情報を作成]ボタンをクリックします。
  4. API キーを選択します。
始点・終点の場所が格納された変数

始点・終点の場所が格納された変数を指定します。

変数の内容は、2 つのデータからなる配列としてください。先頭データに始点の位置情報、次のデータに終点の位置情報を格納します。

以下は、オブジェクト生成ブロックを使用して、始点・終点の場所を格納したデータを作成した例です。

オブジェクト生成ブロックの使用例

このケースの場合は、このプロパティに _.data を指定します。

位置情報は、以下のいずれかで指定します。

位置情報 説明
Place ID

Place ID の前には、place_id: を付ける必要があります。Place ID については、Place IDs のページを参照してください。

住所

福岡県福岡市中央区今泉1丁目19ー22」のような住所を指定します。この住所は、緯度経度の座標に変換されて道順の計算に利用されます。

緯度経度 33.5862718,130.3979053」のように緯度と経度をカンマ(,)区切りで指定します。緯度と経度の間には、空白を入れないでください。

info_outline 住所や緯度経度を使用するよりも、Place ID の使用をおすすめします。住所や緯度経度を使用すると、常にそれらが示す座標に最も近い道路への位置に補正されます。

道順を格納する変数

地点間の道順を計算した結果を格納する変数を指定します。

この変数には、以下に示すキーを含んだオブジェクトが格納されます。

キー 説明
distance

計算した道順の総距離を示します。単位はメートルです。

duration

計算した道順の移動時間を示します。

duration_in_traffic

所要時間を計算時の前提条件]プロパティと[希望する出発時刻]プロパティの設定を加味して計算した道順の移動時間を示します。

origin_address

始点の住所を示します。

origin_location

始点の緯度経度を示します。

destination_address

終点の住所を示します。

destination_location

終点の緯度経度を示します。

url

計算した道順を反映した Google マップへの URL を示します。

以下は、出力されたオブジェクトの例です。

[
  {
    "distance": 18284,
    "duration": 1575,
    "duration_in_traffic": 1575,
    "origin_address": "日本、〒131-0045 東京都墨田区押上1丁目1−2",
    "origin_location": "35.7108481,139.8129626",
    "destination_address": "日本、〒279-0031 千葉県浦安市舞浜1−1",
    "destination_location": "35.6361065,139.8786193",
    "url": "https://www.google.com/maps/dir/?api=1&origin=...&destination=...&travelmode=driving"
  }
]
移動手段

どの移動手段を使って道順を計算するかを指定します。指定できる移動手段は、以下のいずれかです。

  • 自動車
  • 徒歩
  • 自転車

日本国内の道順を計算する場合は、自動車と徒歩のみが有効です。

ブロックメモ ブロックに対するコメントを指定します。
回避したい道順

回避したい道順を以下から選択します。複数選択できます。

  • 有料道路
  • 高速道路
  • フェリー
希望する到着時刻

希望する到着時刻を、15:30 のような[時間:]形式で指定します。時間は 24 時間制で指定します。

変数展開の指定が可能][% 形式の文字列書式の指定が可能]
希望する出発時刻

希望する出発時刻を、13:10 のような[時間:]形式で指定します。時間は 24 時間制で指定します。

変数展開の指定が可能][% 形式の文字列書式の指定が可能]
所要時間を計算時の前提条件

所要時間を計算するときの前提条件を選択します。選択できる条件は、以下のいずれかです。

  • 過去と現在の交通状況のデータを基に見積る
  • 実際の移動時間よりも多めに見積もる
  • 実際の移動時間よりも少なめに見積もる
結果の言語

結果を返す言語を指定します。

サポートしている言語のリストは、Google Maps Platform FAQ を参照してください。

エラー時の繰り返し回数

地点間の道順計算でエラーが発生した場合のやり直し回数を 0 以上の整数で指定します。

繰り返し間隔

エラー時の繰り返し回数]プロパティで 1 以上が指定されたときに、何秒間隔で繰り返すかを 0 以上の整数で指定します。

この情報は役に立ちましたか?