ブロックリファレンス

BLOCKS Reference

Google Cloud(旧:GCP)

Cloud Functions の呼び出し

概要

このブロックは、Google Cloud Functions の関数を HTTP メソッドを使用した HTTP リクエストによって呼び出します。対応する HTTP メソッドは、以下のとおりです。

  • GET
  • POST
  • PUT
  • DELETE
  • OPTIONS

このブロックで呼び出す関数は、HTTP トリガータイプとしてデプロイされている必要があります。このデプロイ方法については、Google ドキュメントの「HTTP トリガー 」を参照願います。

このブロックでは、認証あり・認証なしのどちらにも対応しています。認証ありの場合は、認証をパスできる GCP サービスアカウントを準備してください。

関数の実行時間の制限を最大の 9 分に延長した関数も実行できます。

HTTP レスポンス時のステータスコードが、400 番台および 500 番台のときは、ブロックの実行が失敗します。

Google Cloud Platform のプロジェクト ID にコロンが含まれていると、当該プロジェクトの関数は呼び出せません。

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名 ブロックの名前を指定します。ブロックに表示されます。
GCP サービスアカウント

このブロックで使用する GCP サービスアカウントを選択します。

認証ありの関数を呼び出す場合は、認証をパスできる GCP サービスアカウントを準備し選択してください。

HTTP メソッド

HTTP メソッドを選択します。選択可能な HTTP メソッドは以下のとおりです。

  • GET
  • POST
  • PUT
  • DELETE
  • OPTIONS
URL

呼び出す関数の HTTP エンドポイントを指定します。

HTTP エンドポイントをコピー&ペーストで貼り付ける際は、前後に無駄な空白が付かないように注意してください。もし、そのような場合は本ブロックの実行時に以下のエラーが発生します。

URI::InvalidURIError:bad URI(is not URI?)
コンテンツタイプ

コンテンツタイプ(Content-Type:送信するデータの種類)を以下のいずれかから選択します。

コンテンツタイプ 説明
application/json

{"foo":"bar", "baz":"foobar"} のような JSON テキストでデータを送信します。

application/x-www-form-urlencoded

foo=bar&baz=foobar のようなクエリーパラメーターの形式でデータを送信します(URL エンコードあり)。

パラメーター

関数に送信するデータを指定します。データは、キーとバリューの組合せで指定します。バリューには、変数展開および % 形式の文字列書式が記述できます。

リクエストボディを指定する変数

HTTP リクエストのボディを使ってデータを送信したいときに、データが格納された変数を指定します。

このプロパティを設定すると、コンテンツタイププロパティとパラメータープロパティの設定内容は無視されます。この際のコンテンツタイプは、コンテンツタイププロパティの選択内容に関わらず、application/json 固定となります。

ブロックメモ ブロックに対するコメントを指定します。
エラー時の繰り返し回数 エラー時の繰り返し回数を指定します。
繰り返し間隔 エラー時の繰り返し間隔を秒単位で指定します。
レスポンスを格納する変数

HTTP レスポンスを格納する変数を指定します。

変数に格納する値は、HTTP レスポンスのボティのみです。HTTP レスポンスの Content-Type ヘッダーが application/json の場合は、ボディをデコードした結果を変数に格納します。

リクエストヘッダー

関数呼び出し時に追加したい HTTP リクエストのヘッダーをキーとバリューの組合せで指定します。バリューには、変数展開および % 形式の文字列書式が記述できます。

この情報は役に立ちましたか?