ブロックリファレンス

BLOCKS Reference

機械学習

DataEditor 対応モデルの予測

概要

このブロックは、DataEditor が対応するモデル(DataEditor の予測で使えるモデル)を使って予測します。

DataEditor の予測で使えるモデルは、以下のとおりです。

  • DataEditor で作成したモデル
  • モデルジェネレーターで作成したモデル(以下の条件をすべて満たすもの)
    • 適用済みのモデル
    • 数値分類タイプもしくは数値回帰タイプで、因子に画像を含まない

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名 ブロックの名前を指定します。ブロックに表示されます。
モデル

予測に使用するモデルを選択します。

入力 BigQuery データセット

予測に使用するデータを格納している BigQuery テーブルのデータセットを指定します。

入力 BigQuery テーブル

予測に使用するデータを格納している BigQuery テーブルを指定します。

出力先 BigQuery データセット

予測結果を格納する BigQuery テーブルのデータセットを指定します。指定されたデータセットが存在しないときは、自動でデータセットを作成します。

出力先 BigQuery テーブル

予測結果を格納する BigQuery テーブルを指定します。

空でないテーブルが存在したとき

出力先 BigQuery テーブルが存在したときの動作を指定します。

  • 追加:テーブルの既存データは残して、データを追加で格納します。
  • 上書き:テーブルを空にしてからデータを格納します。
  • エラー:テーブルが空でなければ失敗させます。
ブロックメモ ブロックに対するコメントを指定します。