ブロックリファレンス

BLOCKS Reference

Google Drive(旧:G Suite)

スプレッドシートのデータを取得

概要

このブロックは、Google ドライブのスプレッドシートの内容を変数に格納します。

スプレッドシートのデータを取得ブロックの概念図

変数に格納されるデータの形式は、「スプレッドシートを作成」ブロックで、スプレッドシートを作成するときに準備するデータの形式と同じです。詳しくは、「スプレッドシートを作成」ブロックを参照してください。

このブロックは、変数を入力とするブロックと組み合わせると非常に便利です。

例えば、以下のように「モデルジェネレーター予測(オンライン)」ブロックと組み合わせると、スプレッドシートを使って簡単に予測ができて便利です。

  • スプレッドシートの例:
    スプレッドシートの例
  • フローの例:
    スプレッドシートのデータを取得ブロックの使用例

取得するセルの値はセルの表示形式にかかわらずすべて文字列となります。

既存の Google ドライブ上のファイル(Google Drive カテゴリーのブロック以外で作成・保存したファイル)も対象とする場合は、GCP サービスアカウントのメールアドレスでそのファイルを共有しておく必要があります。GCP サービスアカウントのメールアドレスは、フローデザイナーの設定の GCP サービスアカウントで確認できます。

セルフサービスプラン(無料トライアル含む)の場合は、このブロックを使用する前に、Google Sheets API を有効にしてください。詳しくは、「基本操作ガイド > ヒント > Google API を有効にする」を参照してください。

プロパティ

プロパティ名 説明
ブロック名

編集パネルに配置した当該ブロックの表示名が変更できます。

ブロックリストパネル中のブロック名は変更されません。

GCP サービスアカウント このブロックで使用する GCP サービスアカウントを選択します。
ファイル名

データを取得するスプレッドシートのファイル名を指定します。

同名の複数のファイルが見つかった場合は、最初に見つけたファイルが対象となります。

ファイルへの URL も指定可能です。URL は、共有リンクおよびファイルの URL(ウェブブラウザーのアドレス欄に表示)のどちらも指定可能です。

変数展開の指定が可能]
結果を格納する変数 スプレッドシートの内容を格納する変数を指定します。
ブロックメモ このブロックに関するメモが記載できます。このブロックの処理に影響しません。
親フォルダ名 データを取得するスプレッドシートが存在するフォルダーを特定したいときに指定します。同名のスプレッドシートが複数のフォルダーに存在するときに使用します。
ワークシート名

データを取得するスプレッドシートのシート名を指定します。空欄の場合は、先頭のシートがデータを取得する対象のシートになります。

変数展開の指定が可能][% 形式の文字列書式の指定が可能]
開始セル(A1 形式)

データを読み出すセルの位置を A1 表記法で指定します。空欄の場合は、A1 となります。

以下のような範囲指定も可能です。この場合は、指定した範囲のデータを読み出します。

  • A1:B2
  • A:A
  • 1:2
  • A5:A
ヘッダをスキップする(データは配列で展開されます)

ヘッダーを読み取りたくないときに指定します。

このプロパティにチェックを付けると、変数にはオブジェクト配列ではなく、配列の配列(2 次元配列)でデータが格納されます。

この情報は役に立ちましたか?