基本操作ガイド

Basic Guide

Box サービスアカウントを作る

Box サービスアカウントを作る

BLOCKS で Box を利用するためには、Box サービスアカウントが必要です。

Box サービスアカウントは、Box 開発者コンソールで Box アプリを作成すると自動で作成されます。

ここでは、この Box アプリを作成する手順(下記 1 から 3)と、Box サービスアカウントを BLOCKS に登録する手順(下記 4)を紹介します。

  1. Box アカウントを準備する
  2. Box の開発者コンソールで、BLOCKS 連携用のアプリを作成する
  3. Box の管理者コンソールで、BLOCKS 連携用のアプリを有効化する
  4. Box サービスアカウントを BLOCKS に登録する

以下、上記各手順ごとに、詳しく解説します。

1. Box アカウントを準備する

Box の利用にあたっては、2 段階認証を有効化した Box アカウントが必要です。

Box アカウントがなければ、https://www.box.com/ja-jp/home から画面右上の [サインアップ] をクリックして Box アカウントを作成します。

https://app.box.com にログインして、Box アカウントの 2 段階認証が有効化されていなければ、以下の手順で有効化します。

  1. 画面右上のプロフィールアイコンをクリックして、表示されるメニューからさらに [アカウント設定] をクリックします。

    Box プロフィールメニュー

    (プロフィールアイコンの表示はユーザーごとに異なります。)

  2. [認証][未認証のログインの場合は2段階のログイン認証が必要] をクリックします。

    Box 2 段階認証
  3. [ログイン認証を有効にする] 画面で、[国][携帯電話番号] を設定して、[続行] ボタンをクリックします。

    Box 2 段階認証設定ステップ 1
  4. 入力した電話番号宛てに送られてくる Box 認証コードを [確認コード] に入力して、[続行] ボタンをクリックします。

    Box 2 段階認証設定ステップ 2
  5. さらに電話番号宛てに送られてくる Box 認証コード(先ほどとは別のもの)を [新しいデバイスの使用] 画面で入力して、[送信] ボタンをクリックします。

    Box 2 段階認証設定ステップ 3

2. 開発者コンソールで BLOCKS 連携用のアプリを作成する

Box 開発者コンソールから Box アプリを作成します。

  1. https://account.box.com/developers/services へアクセスして、Box のアカウントでログインします。

  2. [アプリの新規作成] ボタンをクリックします。

  3. アプリの種類を選択する画面で、[カスタムアプリ] を選択して、[次へ] ボタンをクリックします。

    Box アプリの種類選択
  4. 認証方法の画面で、[JWTを使用したOAuth 2.0 (サーバー認証)] を選択して、[次へ] ボタンをクリックします。

    Box アプリの認証方法選択
  5. アプリの名前を設定する画面で、名前を入力して、[アプリの作成] ボタンをクリックします。

    Box アプリの名前設定
  6. 開発者トークンを使用して、フォルダーのリストを取得する画面が表示されます。トークンは使用しませんので、画面の指示には従わず [アプリの表示] ボタンをクリックします。

    Box アプリの表示
  7. 作成したアプリの構成画面が表示されます。

    Box Developers 構成画面
  8. [OAuth 2.0資格情報][クライアント ID] をメモしておきます。

    Box Developers OAuth 2.0 情報

    このクライアント ID は、管理者コンソールでアプリを有効化するときに使用します。クライアントID 欄の [COPY] をクリックして、クリップボードにクライアント ID をコピーしておくと便利です。

  9. [アプリケーションアクセス][Enterprise] にします。

    Box Developer アプリケーションアクセス
  10. [高度な機能][ユーザーとして操作を実行][ユーザーアクセストークンを生成] をオンにします。

    Box Developers 高度な機能
  11. [公開キーの追加と管理] で、[公開/秘密キーペアを生成] ボタンをクリックすると、ファイルがダウンロードされます。

    Box Developers 公開キー
    • このファイルは、BLOCKS で利用します。Box には保存されていませんので、大切に保管してください。
    • ファイルをダウンロードした旨の画面では、[OK] ボタンをクリックします。
  12. 画面右上の [変更を保存] ボタンをクリックします。

3. 管理者コンソールで BLOCKS 連携用のアプリを有効化する

作成した Box アプリを有効化します。

  1. https://app.box.com/master へアクセスします。

  2. 画面右上の歯車アイコンをクリックして、[Business設定] をクリックします。

    管理コンソールメニュー
  3. [アプリ] タブをクリックします。

    管理コンソールの Business 設定画面
  4. [カスタムアプリケーション] で、 [新しいアプリケーションを承認] ボタンをクリックします。

    Box 管理コンソールのカスタムアプリ設定
  5. アプリの認証画面の [API キー] に、アプリのクライアント ID を入力します。

    Box 管理コンソールのアプリ認証

    開発者コンソールの操作で、クライアント ID をクリップボードにコピーしている場合は、ペーストしてください。

  6. アプリの認証画面で、[承認] ボタンをクリックします。

    Box 管理コンソールのアプリの承認
  7. [カスタムアプリケーション] で、追加されたアプリのアクセス欄を確認します。 作成したアプリのアプリケーションアクセスが [Enterprise] の場合は、[すべてのユーザー] と表示されます。

    Box 管理コンソールのカスタムアプリのアクセス確認
    1. アクセス欄の表示が [このアプリのユーザーのみ] と表示されている場合は、開発者コンソール で以下の変更を行います。

      1. [アプリケーションアクセス][Enterprise] にします。
      2. [高度な機能][ユーザーとして操作を実行][ユーザーアクセストークンを生成] をオンにします。
    2. 処理欄の [] ボタンをクリックして、表示されるメニューから [アプリを再承認] をクリックします。アプリの承認画面では、[承認] ボタンをクリックします。

      Box 管理コンソールのアプリの再承認
    3. アクセス欄の表示が [すべてのユーザー] となっていることを確認します。

4. Box サービスアカウントを BLOCKS に登録する

Box サービスアカウントを BLOCKS に登録します。Box サービスアカウントに関する情報が、開発者コンソールでダウンロードしたファイルに格納されています。このファイルを BLOCKS に登録します。

  1. Big Data ボードを開きます。

  2. [ボード設定] ボタンをクリックします。

  3. サイドメニューから [Boxサービスアカウント] をクリックします。

    Boxサービスアカウント一覧画面
  4. [追加] ボタンをクリックします。

  5. グレーのボックス部分にダウンロードしたファイルをドラッグ&ドロップ操作で設定するか、[ファイルを選択] ボタンをクリックしてダウンロードしたファイルを選択します。

    Box サービスアカウントの追加画面
  6. [追加] ボタンをクリックします。

以上で、BLOCKS から Box が利用できるようになります。