基本操作ガイド

Basic Guide

サポートツール

BigQuery Viewer (beta)

BigQuery Viewer は、BigQuery のテーブル操作やクエリーの実行、DataEditor で作成したモデルの情報確認などができるツールです。

BigQuery Viewer のレイアウト図

BigQuery Viewer では、以下のことができます。

BigQuery Viewer のはじめ方

BigQuery Viewer 起動手順
  1. グローバルナビゲーションのメニューアイコン()をクリック
  2. BigQuery Viewer (beta)]をクリック
    をクリックすると、別タブに表示)

GCP サービスアカウントの選択と切り替え

選択中のプロジェクトで、はじめて BigQuery Viewer を利用する場合は、以下のような GCP サービスアカウントの一覧画面が表示されます。

はじめて BigQuery Viewer を起動した様子
  1. 操作対象(テーブルや DataEditor で作成したモデルなど)にアクセスできる GCP サービスアカウントをクリック

GCP サービスアカウントを切り替えたい場合は、以下の手順で操作します。

GCP サービスアカウントの切り替え方
  1. 画面左上のアイコンをクリック
はじめて BigQuery Viewer を起動した様子
  1. 操作対象(テーブルや DataEditor で作成したモデルなど)にアクセスできる GCP サービスアカウントをクリック

データセットの作成・選択・削除

データセットの作成

データセットの作成は、以下の手順で行います。

データセットを作成する様子(1)
  1. 画面左上のボックスをクリック
  2. 新しいデータセットを作成]をクリック
データセットを作成する様子(2)
  1. データセット ID を入力
  2. 作成]ボタンをクリック
データセットの選択

既存データセットの選択は、以下の手順で行います。

データセットを作成する様子(3)
  1. 画面左上のボックスをクリック
  2. リストから参照したいデータセットをクリック
データセットを作成する様子(4)

選択したデータセットに関する情報が❶の部分で確認できます。

データセットの削除

既存データセットの削除は、削除したいデータセットを選択後、以下の手順で行います。

データセットを削除する様子(1)
  1. データセットを削除]をクリック
データセットを削除する様子(2)
  1. 削除]ボタンをクリック

データセットの削除は、データセット内のすべてのテーブル・モデル・ルーティンが削除されていないとできません。

テーブルの作成・選択・削除

テーブル操作するには、まず操作したいテーブルを持つデータセットを選択してください。

テーブルの作成

テーブルの作成は、以下の手順で行います。

テーブルを作成する様子(1)
  1. テーブルを作成]をクリック
テーブルを作成する様子(2)
  1. テーブル名を入力
  2. スキーマを定義(カラム数分以下の手順を繰り返す)
    1. カラムを追加]ボタンをクリック
    2. 名前の欄にカラム名を入力
    3. カラムのタイプを選択
    4. カラムのモードを選択
  3. 作成]ボタンをクリック
テーブルの選択

既存テーブルの選択は、以下の手順で行います。

テーブルを選択する様子
  1. テーブル]をクリック
  2. リストからテーブルをクリック
  3. テーブル情報を確認
  4. スキーマ情報を確認
テーブルの削除

既存テーブルの削除は、削除したいテーブルを選択後、以下の手順で行います。

テーブルを削除する様子(1)
  1. テーブルを削除]をクリック
テーブルを削除する様子(2)
  1. 削除]ボタンをクリック

DataEditor で作成したモデルの選択・削除

DataEditor で作成したモデルを操作するには、まず操作したい DataEditor で作成したモデルを持つデータセットを選択してください。

DataEditor で作成したモデルの選択

DataEditor で作成したモデルの選択は、以下の手順で行います。

DataEditor で作成したモデルを選択する様子
  1. モデル]をクリック
  2. リストからモデルをクリック
  3. モデル情報を確認
DataEditor で作成したモデルの削除

DataEditor で作成したモデルの削除は、削除したい DataEditor で作成したモデルを選択後、以下の手順で行います。

DataEditor で作成したモデルを削除する様子(1)
  1. モデルを削除]をクリック
DataEditor で作成したモデルを削除する様子(2)
  1. 削除]ボタンをクリック

ユーザー定義関数およびストアドプロシージャの選択・削除

ユーザー定義関数およびストアドプロシージャを操作するには、まず操作したいユーザー定義関数およびストアドプロシージャを持つデータセットを選択してください。

ユーザー定義関数およびストアドプロシージャの選択

ユーザー定義関数およびストアドプロシージャの選択は、以下の手順で行います。

ユーザー定義関数およびストアドプロシージャを選択する様子
  1. ルーティン]をクリック
  2. リストからユーザー定義関数およびストアドプロシージャをクリック
  3. ルーティン情報を確認
  4. 定義内容を確認
ユーザー定義関数およびストアドプロシージャの削除

ユーザー定義関数およびストアドプロシージャの削除は、削除したいユーザー定義関数およびストアドプロシージャを選択後、以下の手順で行います。

ユーザー定義関数およびストアドプロシージャを削除する様子(1)
  1. ルーティンを削除]をクリック
ユーザー定義関数およびストアドプロシージャを削除する様子(2)
  1. 削除]ボタンをクリック

クエリーを実行

BigQuery のクエリー実行は、以下の手順で行います。

クエリーを実行する様子(1)
  1. クエリーを入力
    をクリックすると、下図のようにクエリー入力欄が広がります。
    クエリーを実行する様子(2)

    クエリー入力欄は、下図❶の部分を上下にドラッグすることでも、大きさを変更できます。

    クエリー入力欄のリサイズ
  2. クエリーの SQL 文法が Standard SQL か Legacy SQL かを指定
    • スイッチオフ:Standard SQL(初期値)
    • スイッチオン:Legacy SQL
  3. クエリーを実行]ボタンをクリック
クエリーの実行結果を確認する様子

クエリーを実行]ボタンの下に、クエリーの実行結果が表示されます。

検索結果の件数が、100 件を超える場合は、100 件ごとにページ分割して表示されます。

この情報は役に立ちましたか?