基本操作ガイド

Basic Guide

プロジェクト設定

GCP へアクセスするアカウントの管理

フルサービスプランで、GCP コンソール gsutil ツール などを使って、GCP へアクセスする場合に必要となるアカウント(Google アカウント・Google グループ・GCP サービスアカウント)を登録します。

この機能は、フルサービスプランのみの機能です。セルフサービスプランの場合は、GCP コンソールの IAM 機能 を使って、アカウントを管理してください。複数の GCP プロジェクトを利用している場合は、適切な GCP プロジェクトを選択して設定してください。

Google Cloud Console や gsutil ツールを使用する場合は、この機能を使って事前にアカウントを登録してください。

モデルジェネレーターを使用する場合、Google Cloud Storage(GCS)へトレーニングデータをアップロードする必要があります。GCP コンソールや gsutil ツールを使ってトレーニングデータを GCS へアップロードする場合は、ここでアカウントを登録してください。

アカウントを登録する手順は、以下のとおりです。

  1. まず、プロジェクト設定の画面に切り替えます。

    1. 対象のプロジェクトに切り替えます。

    2. プロジェクトが切り替わったら、もう一度グローバルナビゲーションのプロジェクト選択をクリックして、プロジェクトのリストを表示させます。

      プロジェクト選択
    3. プロジェクト名横のアイコン()をクリックします。

  2. 左側のメニューから[GCP アクセス]をクリックします。

    GCP アクセス設定
  3. GCP アクセスアカウント登録]の項で、アカウントの登録ができます。

    GCP アクセスアカウント登録の手順
    1. 登録するアカウントのタイプを選択
      ユーザー Google アカウント
      グループ Google グループ
      サービスアカウント GCP サービスアカウント
    2. 選択したタイプに応じたメールアドレスを入力
    3. 登録]ボタンをクリック

    追加した GCP サービスアカウントは、登録済みアカウントの一覧には表示されません。

  4. 「登録済みアカウント」の項で、登録済みのアカウントが削除できます。アカウントの削除は、削除したいアカウントの[削除]ボタンをクリックします。

  5. 画面右上の[閉じる]ボタンをクリックすると、プロジェクト設定の画面が閉じます。