基本操作ガイド

Basic Guide

プロジェクト設定

プロジェクトの作成

ここでは、2 つ目以降のプロジェクト作成方法について解説しています。1 つ目のプロジェクトを作成する方法は、「プロジェクトの作成とライセンスの購入」を参照願います。

2 つ目以降のプロジェクトを作成する手順は、以下のとおりです。

  1. グローバルナビゲーションのプロジェクト名部分(❶)をクリックして、プロジェクトリストを表示させます。

    グローバルナビゲーションからプロジェクトリストを表示する様子
  2. リスト最下部の[新規プロジェクト作成](❷)をクリックします。

  3. プロジェクト名とプロジェクトの説明を設定します。

    プロジェクト名とプロジェクトの説明を入力する様子

    プロジェクト名(❶)とプロジェクトの説明(❷)を指定して[次へ]ボタン(❸)をクリックします(説明の入力は任意)。

    info_outline プロジェクトは、複数の利用サービスをまとめる単位です。少なくとも 1 つのプロジェクトが必要です。ここに指定した名前でプロジェクトが 1 つ作られます。

  4. 料金プランを選択します。

    料金プランを選択する様子

    料金プランをフルサービスプラン(A)とセルフサービスプラン(B)から選択して[次へ]ボタン(❶)をクリックします。

    フルサービスプラン
    おすすめのプランです。BLOCKS は、セキュアで多機能な cGoogle Cloud Platform (GCP) のサービスを誰にでも簡単に扱えるようにするサービスです。通常、GCP を利用するにあたっては、BLOCKS とは別にお客さまによる GCP の契約や運用が必要です。このプランでは、その必要がありません。

    セルフサービスプラン
    お客さまで GCP を管理される場合は、こちらのプランを選択してください。こちらのプランを選択した場合は、次の設定で GCP サービスアカウントキーのアップロードが必要です。BLOCKS で利用する GCP サービスアカウントキーファイル(JSON 形式)をご準備願います。

  5. GCP サービスアカウントキーをアップロードします。

    info_outline 料金プランでフルサービスプランを選択した場合は、このステップはありません。

    GCP サービスアカウントキーファイルをアップロードする様子

    料金プランでセルフサービスプランを選択した場合は、ここで GCP サービスアカウントキーファイルをアップロード(❶)します。

    プロジェクトで使うバケットを作成する](❷)にチェックを付けると、プロジェクト作成時に以下 3 種類のバケットを GCS に作成します。

    • <GCP プロジェクト ID>-us-central1-data
    • <GCP プロジェクト ID>-us-central1-iot
    • <GCP プロジェクト ID>-us-central1-ml

    バケットは、以下の設定で作成されます。

    デフォルトのストレージクラス Regional
    Regional のロケーション us-central1

    GCP サービスアカウントキーファイルのアップロードが完了したら、[次へ]ボタン(❸)をクリックします。

  6. 確認画面で[設定完了]ボタンをクリックするとプロジェクトが作成されます。