基本操作ガイド

Basic Guide

プロジェクト設定

GCP サービスアカウントの管理

BLOCKS のプロジェクトで使用する Google Cloud Platform(GCP)のサービスアカウントを管理します。

セルフサービスプランの場合は、プロジェクトごとに GCP サービスアカウントキーの追加や削除ができます。

フルサービスプランの場合は、GCP サービスアカウントキーの追加や削除はできません。

GCP サービスアカウントごとに、GCP に紐付けられた以下の情報が確認できます。

項目 説明
名前 GCP サービスアカウントの名前です。
プロジェクト ID GCP のプロジェクト ID です。
メールアドレス

GCP サービスアカウントのメールアドレスです。

Key ID GCP サービスアカウントキーの ID です。
MG GCS パス

モデルジェネレーターで使用する Google Cloud Storage(GCS)のパスです。パスは、モデルジェネレーター作成後に表示されます。

データアップロード

BLOCKS で使用できる GCS 用のパスです。この項目は、フルサービスプランのときのみ表示されます。

GCP サービスアカウントキーの管理の手順は、以下のとおりです。

  1. プロジェクト設定の画面に切り替えます。

    1. 対象のプロジェクトに切り替えます。

    2. プロジェクトが切り替わったら、もう一度グローバルナビゲーションのプロジェクト選択をクリックして、プロジェクトのリストを表示させます。

      プロジェクト選択
    3. プロジェクト名横のアイコン()をクリックします。

  2. 左側のメニューから[GCP サービスアカウント]をクリックします。

    プロジェクト設定(GCP サービスアカウント)
    • GCP サービスアカウントを追加する場合は、[追加]ボタンをクリックします。

      プロジェクト設定の GCP サービスアカウントキーのアップロード

      画面の案内に沿って GCP サービスアカウントキーファイルをアップロードします。

      GCP サービスアカウントキーファイルのアップロードが完了したら、[追加]ボタンをクリックします。

    • GCP サービスアカウントを削除する場合は、削除したい GCP サービスアカウント内の[削除]リンクをクリックします。

      ひとつの GCP サービスアカウントに、複数の MG GCS パスが紐付いている場合は、MG GCS パスごとに[削除]リンクが表示されています。その場合は、削除したい MG GCS パスの[削除]リンクをクリックします(すべて削除したい場合は、ひとつずつクリック)。

      削除の確認画面

      削除の確認画面で、[削除]ボタンをクリックすると、削除が行われます。

      実際には、削除は一時保留扱いとなり、7 日以内に削除されます。それまでは、削除を取り消せます。

      削除を取り消す場合は、画面上部に表示されている[削除済みの GCP サービスアカウントを表示する]をクリックします。このリンクをクリックすると、削除した GCP サービスアカウントおよび MG GCS パスが表示されます。それらには、[削除取り消し]リンクが表示されているので、このリンクをクリックすると、削除が取り消せます。

  3. 画面右上の[閉じる]ボタンをクリックすると、プロジェクト設定の画面が閉じます。