基本操作ガイド

Basic Guide

BLOCKS のはじめ方

無料トライアル

BLOCKS を試したい場合は、30 日間無料トライアルが便利です。ここでは、30 日間無料トライアルの利用方法について解説します。

ウェブブラウザーの準備

ウェブブラウザーの準備」を参考にして、BLOCKS がサポートするウェブブラウザーを準備してください。

GCP 環境の準備

30 日間無料トライアルは、BLOCKS の料金プラン「セルフサービスプラン」として扱われます(BLOCKS の料金は 30 日間無料)。このため、Google Cloud Platform (GCP) の環境が必要です。

BLOCKS の各ボードは、GCP の機械学習やビッグデータなどのサービスを利用します。これらの GCP サービスは、お客さまの GCP 環境に構築したものを利用します。これらの GCP サービスは、有料であるため BLOCKS の料金とは別に使用料金がかかります。

GCP の無料トライアル 」を利用するとすべて無料でお試しできます。

GCP 環境がない場合は、以下の手順に沿って GCP 環境を準備してください。

  1. Google アカウントを作成します。

    Google アカウントがない場合は、以下いずれかの方法で作成します。

  2. GCP プロジェクトを作成します。

    無料トライアルで使用する GCP プロジェクトを作成します。GCP プロジェクトは、「Google Cloud Platform のプロジェクトを作成する」を参考にして作成します。

  3. GCP プロジェクトの課金を有効にします。

    GCP プロジェクトの課金を有効にします。先に作成した GCP プロジェクトに対して、「Google Cloud Platform 課金設定」を参考にして課金を有効にしてください。

    課金は、BLOCKS のサービスを通して使用した GCP サービスの使用量や使用状況に基づいて行われます。

  4. GCP サービスアカウントキーを作成します。

    BLOCKS で利用する GCP サービスアカウントキーを作成します。GCP サービスアカウントキーは、「Google Cloud Platform のサービスアカウントキーを作成する」を参考にして作成します。

アカウント登録

BLOCKS のアカウント登録をしていない場合は、「アカウント登録」を参考にして登録します(契約の種類:「30日間無料トライアル」)。

無料トライアル設定

BLOCKS の利用を始めるにあたっては、プロジェクト名や GCP サービスアカウントキーの登録などの無料トライアルの設定を済ませる必要があります。無料トライアルの設定手順は、以下のとおりです。

  1. 無料トライアル設定の開始
    基本設定の開始

    BLOCKS ログイン後の画面で、「設定を開始する」ボタンをクリックします。

  2. プロジェクト名の設定
    基本設定のプロジェクト名設定

    プロジェクト名を指定して「次へ」ボタンをクリックします。

    プロジェクトは、複数のボードをまとめる単位です。少なくとも 1 つのプロジェクトが必要です。ここに指定した名前でプロジェクトが 1 つ作られます。

  3. GCP サービスアカウントキーのアップロード
    基本設定の GCP サービスアカウントキーのアップロード

    GCP サービスアカウントキーファイルをアップロードします。

    GCP サービスアカウントキーファイルのアップロードが完了したら、「次へ」ボタンをクリックします。

確認画面が表示され「次へ」ボタンをクリックすると、基本設定の完了です。

試してみよう

初めて BLOCKS を試すにあたっては、以下のガイドを参考にしてください。ML ボードと Big Data ボードが試せます。

30 日間無料トライアルでは、ML ボードがひとつしか作れません。両方のガイドを試す場合は、ML ボードを作り直してください(削除してから作成)。

IoT ボードについては、以下のガイドを参考にしてください。

30 日間無料トライアルでは、IoT ボードがひとつしか作れません。両方のガイドを試す場合は、IoT ボードを作り直してください(削除してから作成)。